お役立ち読み物結局、予約をとりやすい脱毛サロンはどこ?

予約が取りやすいサロンはどこ?せっかく脱毛サロンに通うことにしたのに、いざ始めてみると予約がとれない。脱毛サロンで最も多い不満・トラブルがこれです。予約のとりにくさは人気・実力のバロメーターでもあるので、ある程度は仕方ない部分もありますが、それでも“狙い目”が必ずあるはず!

というわけで今回は、みん評スタッフが調べた「予約がとりやすいおすすめサロン」を紹介します!……が、本題に入る前に、「いつも予約でいっぱいのサロンなんてない」という話をしておきましょう。

予約がとれないのは直前キャンセルをするから

「人気脱毛サロンは予約がとれない」。確かにそのとおりですが、少し言葉が足りません。脱毛サロンは、3ヵ月先などの予約を前もっておさえる仕組みのため、そんなに先まで空きがないなんてことは基本的にないんです。みん評満足度1位のミュゼプラチナムですら、3ヵ月先の予約なら十分とることができます。

ただ、3ヵ月も先の予定なんて分からないですし、他に予定が入った、急に体調が悪くなったなど、直前キャンセルをすることもありますよね。その場合、改めて他の日程をとろうとしても、既に3ヵ月前からの予約で埋まっているため空きがないというのが、多くの人が言う「予約がとれない!」状態です。

つまり、直前キャンセルさえしなければ基本的に問題ないはずです。

それでも直前キャンセルしてしまったら?

とはいえ、どうしてもキャンセルせざるを得ない場合はどうすればいいのでしょうか?

そのときは単純に、自分と同じように直前キャンセルした人の空きを狙いましょう

キャンセルする人は必ず一定数いるので、こまめに空き状況をチェックし、空きがでないか待ちます。複数店舗を展開している大型サロンは直前キャンセルする人も多いですし、店舗間移動OKなサロンは、選択肢が拡がるぶん予約しやすい傾向にあります。

直前キャンセルに寛容なサロンはどこ?

ようやく本題の「予約のとりやすいサロン」、正確には「キャンセルしても次の予約にこぎつけやすいサロン」の選び方ですが、前述の流れからキャンセルに対するサロンの寛容度に着目しました。キャンセルにペナルティがかかるサロンとそうでないサロンとでは、予約状況の変動度が違います。

そこで、主要な脱毛サロンのキャンセル関連のシステムについてまとめてみました。参考になるように主要なクリニックについても調べました。

サロン/クリニック名 キャンセル受付 キャンセル受付期間 キャンセル受付期間超過時のペナルティ料 再予約のとりやすさ 備考
ミュゼプラチナム 可能 いつでも可能 0円 インターネットでの直前キャンセル狙いは十分可能性あり ・キャンセル待ち制度あり
・公式アプリにて空き時間通知設定可能
・両ワキ、両ワキ+Vライン、Sパーツ1ケ所、両ワキ+Sパーツ1ケ所の予約はお手入れ希望日の1週間前からのみ予約可能
脱毛ラボ 可能 前々日までに店舗へ連絡 ・月額制(実質分割払い)の場合は1回分消化
・回数パック:1回分消化
店舗による(通常の予約もとりにくい店舗は再予約も取りにくい)
銀座カラー 可能 前日の午後7時 ・1回分消化
・回数無制限コースは2,000円
店舗による
エピレ 可能 前日の電話受付時間終了まで ・当日の予約時間までに連絡:1,000円
・連絡なし:2,000円
店舗に直接電話。比較的近い日時で取ることができる
シースリー 可能 予約時間の1分前 ・回数契約:1回分消化
・回数無制限:3000円
店舗によるがキャンセル待ち制度があるので便利 ・キャンセル待ち制度あり
・かよエ~ル(空き時間リアルタイムお知らせアラート)あり
キレイモ※パック 可能 前日 1回分消化 新しくできたサロンなので比較的取れる ・キャンセル待ち制度あり
キレイモ※月額 不可 定額月額制のためペナルティなし
ヴィトゥレ 可能 当日の2時間前 3,000円 比較的取りやすい・店舗移動が可能なので幅が広い
湘南美容外科クリニック 可能 前々日の営業時間内 3,000円 店舗による
フェミークリニック 可能 前々日の営業時間内 前日:30分1,000円 60分2,000円 120分 4,000円
当日:前日の2倍
※必要施術時間により異なる
店舗による(土日は難しい)
リゼクリニック 可能 前々日の営業時間内 0円 予約は取りにくい(土日や平日夜は混雑)、予約は1か月前に解禁 直前キャンセルあり。LINEで情報が共有されてくる
聖心美容クリニック 可能 0円 長期間予約が取れないということはない(土日は混雑しやすい)
シロノクリニック 可能 前日の営業時間内 当日キャンセル:3,240円 比較的取りやすい
品川美容外科 可能 1000円 店舗による

※キャンセルの仕組みや料金は変更になることもありますし、再予約の取りやすさも時期などによっても影響があります。正確な情報は各サロンやクリニックにご確認ください。

 

キャンセル不可はキレイモの月額コースを除いてすべてOK。ただし月額コースはそもそも定額制なので、キャンセルしても余計なコストはかかりません。

総合評価が高いのはミュゼです。

インターネットでのシステム管理、キャンセル待ち制度、スマートフォンアプリの配布などを完備していて、なおかつ店舗数が多いのは評価できます。

次に注目したのはシースリー。こちらもミュゼと同様、キャンセル待ち制度が充実していること、インターネットで予約が完結できる点が魅力です。

通っている人が少ないという理由で取りやすそうなのはエピレ。ミュゼやシースリーと違い直接店舗に電話しなければいけませんが、店舗数が多いわりに開業まもないサロンなので、今のところ狙い目だと思います。同じ理由で、2014年にできたばかりのキレイモもとりやすいでしょう。

以上から、

の4社がみん評スタッフがすすめる再予約のとりやすいサロンです。

生活スタイル別にオススメするなら

生活スタイルによって空き時間が異なるため、社会人、大学生、主婦の3パターンで予約しやすそうなサロンを考えてみました。

社会人:キレイモ・エピレ・ミュゼプラチナム

最も利用客の多い平日夜と土日が予約対象になるため苦戦するでしょう。そのため、キレイモやエピレといった利用客自体が比較的少ないサロンがよさそうです。また、利用客が多くても、ミュゼなど店舗数が多いサロンならキャンセル待ちを狙えると思います。予約・キャンセル待ちシステムも整えているのでこれを活用しましょう。

学生:銀座カラー・キレイモ(価格・キャンペーン等で選ぶ)

時間の融通が利きやすいため、基本的にどのサロンでも予約・キャンセル待ちを狙えます。となると、予約のしやすさで選ぶよりは料金やキャンペーンで選ぶほうがいいでしょう。銀座カラーやキレイモなど学割が使えるサロンを優先的にチェックしておいたほうがいいです。

主婦:ヴィトゥレ(価格・キャンペーン等で選ぶ)

家庭によって時間の捻出の仕方が異なるでしょうが、自由にスケジュールを組める人なら、学生のように料金やプランを重視したほうがいいでしょう。平日昼限定の割安プランがあるヴィトゥレなどはチェックしておきたいです。

 

  • 脱毛サロン 人気ランキングに戻る
  • 医療脱毛 人気ランキングに戻る
  • LINEで送る

ページトップへ