みん評

30593件の口コミ

お役立ち読み物>格安SIM1分でわかる!格安SIMの申込と設定【MNP予約番号・開通手続き・APN設定】

格安SIMはネット申し込みが基本です。スムーズに乗り換えできるように、申込みに必要な準備やMNP手続き、SIMカードが届いてからの設定など、スマホが使えるようになるまでの流れを確認しておきましょう。

【STEP1】 格安SIM申込み準備

1.SIMカードのサイズを確認する

SIMカードのサイズは3タイプあります。手持ちのスマホを活用する人は、SIMカードのサイズを確認しておきましょう。サイズが分からなかったり、自分のスマホが格安SIMに対応かどうかを知りたい場合は、MVNOの公式サイトにある動作確認済み端末一覧ページで確認できます。

2.MNP予約番号を取得する

今の電話番号を格安SIMで引き続き使う場合、契約中のキャリアでMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)の予約番号を発行してもらい、格安SIMの申込み時に番号を提出(申込フォームに入力)します。データ通信専用SIMを申し込む場合や、電話番号を新しく取得する場合はMNPは不要で、解約手続きを済ませておきます。

MNPの予約番号は、キャリアのショップ・電話・WEBのいずれかで取得でき、MNP転出手数料として、ドコモとauは2,000円(税別)、ソフトバンクとY!mobileは3,000円(税別)かかります。

MNPの予約番号を取っただけなら、キャリアを解約をしたことにはなりません。気が変わってキャリアを継続しようと思ったら、そのまま放置しておけばよく、実際に電話番号を移行しなければ料金は発生しません。

MNP予約番号の有効期限は14日間で、MVNOによっては有効期限が10日以上残っていなければ受け付けてもらえないこともあるので、番号取得後は早めに格安SIMの手続きを行ってください。

MNPの流れ

MNPの予約番号の取り方

キャリアのショップに行けば、スタッフが対応してくれて楽ですが、電話なら自宅で待ち時間なしでできて、初心者でも簡単な手続きなのでおすすめです。
オペレーターと直接やり取りして、本人確認と契約内容の確認が済めば、予約番号(10桁)を教えてくれます。ドコモは口頭で伝えられ、auとソフトバンクはSMSでMNP予約番号が送られてきます。
auとソフトバンクはスマホからネットで番号取得することができず、携帯電話なら可能です。ドコモとY!mobileはスマホでネット手続きができます。

キャリア 電話(各社9:00~20:00) スマホ・携帯電話・PCから
ドコモ <ドコモ携帯>
151
<一般電話>
0120-800-000
My docomo
(スマホ・PC)
https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/index.html
マイページ(ログイン)、[ドコモオンライン手続き」→「ご契約内容の確認・変更」→
「携帯番号ポータビリティ予約」
24時間
dメニュー
(スマホ)
メニューから、「お客様サポート」→「各種お申込・お手続き」 24時間
iモード
(携帯電話)
携帯のi-menuから、「お客様サポート」→「お申込・お手続き」→
「各種お申込・お手続き手続き開始ログイン」→「ネットワーク暗証番号入力」→
「各種手続き」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」
24時間
au <au携帯・一般電話共通>
0077-75470(無料)
Ezweb
(携帯電話)
携帯のEzボタンから、「auお客さまサポート」→「申し込む・変更する」→
「携帯電話番号ポータビリティー (MNP)」→「暗証番号入力し送信」→
「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約申込」
9:00~21:30
ソフトバンク <ソフトバンク携帯>
*5533
<一般電話>
0800-100-5533
MySoftBank
(携帯電話)
携帯のMySoftBankから、「設定・申込」→「設定・変更」→
「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」→
「番号ポータビリテリティ(MNP)予約)」
24時間
Y!mobile <Y!mobile携帯>
116
<一般電話>
0120-921-156
My Y!mobile
(スマホ・携帯電話)
My Y!mobile(ログイン)、「契約内容の確認・変更」→
「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」
24時間
(機種によって9:00~21:30)

3.本人確認書類を用意する

データ通信プランの申込みでは不要ですが、音声通話付きプランを申込む場合は、本人確認書類が必要です。運転免許証、パスポート、健康保険証など、本人確認ができる書類をデジカメや携帯電話で撮影、スキャンしておき、申込時に画像をアップロードします。
引越しなどで本人確認書類と現住所が異なる場合は、住民票や公共料金領収書など、補助書類が必要です。有効期限が記された書類は、期限内であることを確認してください。

4.本人名義のクレジットカード

料金の支払いは、クレジットカード払いが基本です。口座振替に対応しているMVNOもありますが、ごく一部です。

5.メールアドレス

MVNOと連絡の取れるメールアドレスを準備してください。乗り換え前のキャリアメール以外でお願いします。

【STEP 2】格安SIMの申込み

データ通信のみか、音声通話付きか? 何GBで申し込むか?
プラン内容とデータ容量が決まれば、MVNOの公式サイトから入力フォームに入り、申込手続きを行います。文字の入力よりもボタンを選択するものがほとんどなので、選択で迷わなければ申込完了まで時間はそれほどかかりません。

ほとんどのMVNOは、格安SIMを申し込む際に、ID取得(会員登録)が必要となります。名前、住所、電話番号、生年月日などを入力し、ログインパスワードを決めます。利用開始後、データ容量の確認やプラン変更などは、IDで会員ページにログインして手続きを行うことになります。

入力フォームの流れ

MVNOによって前後しますが、入力フォームは次のような流れとなります。

1.スマホセット購入か、SIMカードだけ購入か?

  • セット購入の場合 → スマホ機種の選択
  • SIMだけ購入の場合 → SIMカードのサイズを選択

2.プランの選択

  • データ容量 → 定額プランの容量(ほか、段階料金制、無制限プラン)
  • プラン内容 → データ通信、データ通信SMS付き、音声通話付き

3.オプションサービスの選択

通話定額やかけ放題、サポートサービス、端末補償、セキュリティサービスなど

4.本人確認書類のアップデート

音声通話付きプランの場合のみ

5.MNP予約番号を入力

電話番号を引き継ぐ場合は、使用する電話番号とキャリアで取得したMNP予約番号(10桁)を入力

6.クレジットカード番号の入力

格安SIMの申込にかかる初期費用(ほとんどのMVNOが3,000円)は、クレジットカード情報の入力後に決済されます。

7.確認画面をチェックして、申込み完了

【STEP3】SIM到着後にやること

申込後、長くても1週間以内にSIMカードと、セット購入の場合はスマホが郵送されます。楽天モバイルだと最短2日で、配送日時指定も可能です。

届いた荷物を確認したら、同封の説明書や公式サイトの設定マニュアルに従って、次のような作業を行います。

1.SIMカードを入れる

SIMカードを、スマホのSIMスロットに装着します。手持ちのスマホを使う場合は、端末内に入っているSIMカードを取り出してから、新しいSIMカードに差し替えてください。SIMカードを入れるときは、必ず電源をOFFにしてから行います。

2.開通手続きを行う

「開通手続き」なんて言うと、難しそうに聞こえるかもしれませんが、電話番号を切り替えるGOサインのようなもので、手続きは誰でも簡単にできます。
開通専用番号に電話をして、ガイダンスに従い電話番号と識別番号を入力するのが一般的ですが、MVNOによっては公式サイトにある開通依頼ページで手続きができるものもあります。すでにMVNO側で、開通手続きが済んでいる場合は必要ありません。

3.APN(アクセスポイント)の設定をする

手持ちのスマホにSIMカードを入れただけでは、データ通信はできません。スマホの接続設定を、これまで使っていたキャリアのネットワークから、契約した格安SIMのネットワークに切り替える、APN設定という作業をします。
スマホをセット購入した場合は、すでにMVNO側でAPN設定を行っているためこの作業は不要で、SIMカードを入れたらすぐにスマホが使えます。
「設定」と聞いただけで、不安になる人もいると思いますが、難しい作業ではないので心配しなくても大丈夫です。

Androidの場合

「設定」アプリから、「その他」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」とタップしていくと、MVNO名一覧が表示されるので、利用する業者をチェックします。基本的にこれだけです。

MVNO名が表示されない場合は、「新しいAPN」という画面に入り、指定されたAPN情報を入力してアクセスポイント名を設定します。入力方法は、MVNOの説明書や公式サイトに分かりやすく書かれてあり、その通りに入力するだけで難しいものではありません。

iOSの場合

iPhoneはもっと簡単です。Wi-Fi環境で、「Safari」のアイコンからネットに接続し、指定されたURLを入力します。プロファイルの画面が表示されるので、「インストール」をタップしたら完了です。

これで完了。スマホが使えます!

APN設定が終われば、インターネットにつながります。その証拠に、スマホ画面の上部には接続中のアイコンが表示されているはずです。APN設定は、最初の1回だけです。

どのMVNOも申込者が困らないように、申込フォームや設定ガイドなど、とても分かりやすく工夫されています。本番で慌てないように、申込みをする前に気になるMVNOの申込フォームを下見しておくと安心です。

  • LINEで送る

ページトップへ

ページの先頭へ

  1. HOME
  2. お役立ち読み物
  3. 格安SIM