みん評

29281件の口コミ

お役立ち読み物>格安SIM【au版iPhone5s × mineo】で格安SIMデビュー! SIMカード到着後の設定と、気になる通信速度は?

iPhoneを使っているauユーザーに、格安SIMの第1歩がなかなか踏み出せない人が多いようです。
実際に、私がそうでした。

格安SIMの乗り換えを検討していた頃、「au版iPhoneは使えないケースもある」という話を聞き、自分のiPhone5sが本当に使えるのか確信を持てずにいました。「設定がややこしいのでは?」「通信速度が遅いのでは?」と考え出すと不安になり、なかなかauから抜け出せずにいました。

ですが、実際に乗り換えるとなんてことはありません。

一番心配だった設定は拍子抜けするくらい簡単で、「えっ?もう、つながったの?!」といった感じでしたし、ネットを見たり、LINEやゲームアプリの使用感もauの時とほとんど変わらない、というのが率直な感想です。

当時の私のように乗り換えが不安で、格安SIMの申込みページを開いては「また今度にしよう」と、伸ばし伸ばしにしている人も多いかと思います。
そこで、このページではau版iPhone5smineoのSIMを入れて、ちゃんと通信できるまでを実演してお見せします。

iPhone5s(16GB)は世界で最も売れたスマホ機種で、今でも愛用しているauユーザーは多いはず。au版iPhone5s、iPhone5cで格安SIM乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

au版iPhone5sは格安SIMが使えるの?

mineoの公式ページにある動作確認端末一覧(Aプラン)を調べると、iPhone5sはテザリング以外、データ通信、音声通話、SMSどれも利用可能となっています。

2016年夏ごろまで、iPhone5sが使えるのはiOSのバージョンが7.1.2までと書かれていました。iOS7.1.2の開始は2014年なので、すでに多くのユーザーがアップデート済み。ドコモ回線のMVNOに乗り換えればiOSのバージョンは関係なく使えますが、auではiPhone5sはSIMロック解除の対象外機種なので、なす術がない状態でしたが、現在ではiOS10.2.1までの動作確認が公開されており、au版のiPhone5シリーズすべてがmineoに対応できるようになりました。ただ、5s/5cより前のモデルはLTE非対応のため、mineoを使うことはできません。

私のiPhone5sのバージョンは、現在iOS9.1です。先にアップデートせず、このまま設定します。

どうしてiPhone4/4sはダメなの?

mineoやUQ mobileなどのau回線を利用する格安SIMは、データ通信はLTE 4G回線、音声通話とSMSは3G回線を使います。5s/5c以降のモデルは、3G、4G LTEの両回線に対応しているので、インターネット、電話、SMSどれも問題なく使えますが、それ以前のモデルは4G LTE回線に非対応です。なので、ネットにつながる電波をiPhoneがキャッチできず、データ通信することができません。

4G LTE対応になったのはiPhone5以降からですが、5は対応できるLTEが少なく、特に致命的なのはau回線のプラチナバンドと言われるバンド18に非対応なことです。全くつながらないわけではないですが、データ通信できるエリアはがかなり限定されます。

SIMカードが到着したら設定開始!

ネット申込みをしてから2日後、郵便受けにmineoのロゴの入った封筒が届いていました。さっそく、iPhoneにSIMを入れて設定したいと思います!

中の書類を切ってしまわないように気を付けながら開封。中身は「SIMカード」の他に、「ご利用ガイド(Aプラン)」「契約内容通知書」「通信サービスの提供条件」の書類が入っています。


送られてきたSIMカードは、iPhone5s対応の「nano SIM」です。間違えると使えないので、申し込む際に必ずサイズ確認をしましょう。

mineoの申込方法については、別のページでみっちり紹介していますので、こちらを参考にしてください。

mineo(マイネオ)の申込方法、具体的な手順を徹底解説

設定を始める前に確認すること

内容物をチェックしたら、さっそく設定といきたいところですが、その前に確認しておきたいことが2点あります。

iPhoneにSIMカードを取り付けるときは、必ず電源をOFFにしましょう。

iPhoneの設定では、プロファイルという設定に必要なデータをインストールするため、Wi-Fiなどネットワークがつながる環境で行ってください。

まずは、iPhoneにSIMカードを装着


パッケージからSIMカードを切り離します。

ピンを使ってiPhoneのSIMスロットを引き出し、中に入っているauのSIMカードを取り出したら、mineoのSIMカードを装着します。

iPhoneを起動させると・・・

接続状態を表すステータスアイコンが、「SIMなし」から「au 4G」に変わります。

ですが、SIMを入れただけではまだネットに接続できません。mineoでデータ―通信を行うための設定が必要です。

プロファイルをiPhoneにインストールする方法

プロファイル? インストール??

専門用語が出てくると、なんだか難しそうに思うかもしれませんが、心配ご無用です。
1、2分でできる、超簡単な作業です。

①指定URLにアクセスする

iPhone 5sがWi-Fiにつながっていることを確認したら、Safariでhttp://mineo.jp/apn/mineo-a1.mobileconfigにアクセスします。

こちらのQRコードからでもアクセスできます☆

②プロファイルのインストール画面が表示される

「インストール」をクリックします。

③パスコード入力画面が表示される

iPhoneを起動する際の暗証番号を入力します。

④警告画面が表示される

「インストール」をクリックします。

下の画面に変わるので、「インストール」のボタンをクリック。

すると、一瞬でインストールが完了し、プロファイル画面が表示されます。

iPhoneの設定はこれだけ。あっという間に終わります。

設定ができたらWi-Fiをオフにして、ちゃんとmineoでネットにつながるか確認しましょう!
乗り換えまで悩んだ時間が長かった人ほど、つながった瞬間の感動は大きいですよ。

実際に【au版iPhone5s × mineo】はサクサク使えるの?

通信はできても、速度が遅くて使えないでは困ります。実際にどれくらいの速さなのか、通信速度計測ツールで計ってみました。

測定した時刻は午前11時過ぎで、混雑前の時間帯ですが、6.18Mbpsという速度結果は予想していたよりも優秀です。

実際に、WEBページを開くスピードはauの時と、ほとんど変わらない印象です。

確かに、12時半ごろのお昼の混雑時は、画面が表示されるスピードは遅く感じます。とは言っても、通信制限がかかった時のようなノロノロではなく、ページが開くまでワンテンポ間があるといった感じでしょうか。こういった速度ダウンはauでもありましたし、私はぜんぜん許せる範囲です。

気になるのは動画だと思いますが、YouTubeの再生ボタンを押してから始まるまで少し間がある印象はあります。ですが、混雑時でなければほぼ途切れることなく最後まで視聴でき、心配するほど使えないということはありません。

動画はクオリティよりもむしろ、データ容量をたくさん消費することが問題で、私はauを契約していた時から、動画はできるだけWi-Fiに接続して見るようにしているのですが、自宅の固定回線を活用できる人は、格安SIMの速度をそれほど心配することはないと思います。

LINEやメールはお昼の混雑時でも全く問題なしです。LINEはメッセージのやり取りだけでなく、電話も十分使えます。

mineoにするかどうか、あとは考え方次第

格安SIMは「ドコモの人」「androidの人」といったイメージがありますが、絶対にそんなことはありません。【au版iPhone5s × mineo】は問題なく使えるどころか、自分が乗り換えてみて、スマホ環境はauの時とほとんど変化ないまま、通信料金が1/3にコストダウンでき、選択は正しかったと思います。

使い慣れたauから格安SIMへ実際に乗り換えするかどうかは、人それぞれの考え方だと思います。「au → 5,000円/月」「mineo → 1,500円/月」の料金差を考えた時、2倍以上のお金を出してまで、お昼の混雑時に速くWEBページにつながらないと困る事情があるか? 自分に問いかけてみると、auを継続か、mineoに乗り換えるべきかの答えが出るのではないでしょうか?

私の場合は、時間帯によってスムーズにWEBページが表示されないことがあっても、そんなストレスはiPhone5sの分割代金が終わっているのにauに高い月額料金を払っていることに比べたら遥かにマシなので、今はとても快適にスマホライフが送れています。

iPhone8が発売されたら、節約できたスマホ代で購入する予定。それまでもうしばらくは、今の5sに頑張ってもらいます。

  • LINEで送る

ページトップへ

ページの先頭へ

  1. HOME
  2. お役立ち読み物
  3. 格安SIM