みん評

30593件の口コミ

お役立ち読み物>格安SIM通話料金が節約できる格安SIMの電話のかけ方

格安SIMの通話料金は、かけ放題が基本のキャリアと違って、かけた分だけ実費がかかる従量制。30秒あたり20円と、公衆電話の約10円/分(区域内:午前8時~午後11時)よりも通話料金が割高です。毎日5分間の通話を行うと、1ヶ月で6,000円(200円×30日)かかる計算となります。

通話料金がかさむことが、格安SIM最大の弱点のように思われていますが、電話サービスを上手に使い分ければ、実はかなり安く抑えられます。
ここでは、格安SIMで電話をかける方法や割引サービスを確認しておきましょう。

格安SIMで電話をかける方法

スマホで電話をかける方法は、大きく分けて2パターンあります。

1つは、電話回線を使った電話。「090・080・070」の電話番号が使え、音声通話付きプランを契約すると利用できます。新しい電話番号を取得することも、MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)を利用して、これまでキャリアで使っていた電話番号をそのまま使うこともできます。通話品質はキャリアも格安SIMもほぼ同じで、遅延や雑音も少なく快適に電話が使えます。格安SIMはかけた分だけ通話料金がかかる従量制が基本です。

もう1つは、インターネット回線を使った電話。LINE、Skype、Viberなどの無料通話アプリや、「050」から始まるIP電話などがあります。 音声データのやり取りが専門の電話回線と違い、様々なデータが混在する中での通話となるので、通話品質は音声通話に及びませんが、無料もしくは低コストで使えるのが魅力です。

電話回線を使った電話

スマホ画面上でおなじみのアイコン。基本的な電話機能で、緊急通報やフリーダイヤルにも電話をかけることができます。
使い方や音声品質はキャリアも格安SIMも同じです。

次に説明するプレフィックス型通話料金割引サービスや通話定額サービスを組み合わせることで、通話料金が従量制の格安SIMでも安く抑えることができます。

プレフィックス型通話料金割引サービス

MVNOの公式サイトでよく、通話料金が半額で使えるといった宣伝を目にしますが、これらはプレフィックス型の通話料金割引サービスというものです。MVNOの独自回線を利用することで、通常のNTTドコモ回線を使った通話よりも安く電話が使えるシステムです。

プレフィックスとは「先頭の領域」という意味で、相手の電話番号の頭に特定の番号を頭つけて発信することで、MVNOの独自回線を利用する仕組みになっています。実際は、電話をかける度にわざわざ指定番号をつけることはなく、専用アプリで簡単に発信できます。通話相手の電話には自分の番号がそのまま表示されます。

フリーダイヤルや緊急通報が使えないといったデメリットはありますが、電話回線なので通話品質は良好です。
申し込みや月額料金は不要で、アプリをインストールするだけで使えます。サービスを提供しているMVNOの音声通話付きプランを契約していることが条件ですが、「楽天でんわ」「DMMトーク」については、別のMVNOで音声通話付きプランを契約している人でも利用可です。

■各社のプレフィックス型通話料金割引サービス

MVNO業者 サービス名 特徴
IIJmio miophone みおふぉん
ダイアル
国内通話が10円/30秒
海外通話が10円/30秒(非課税)
【ファミリー通話割引】
家族間(同一ID)は8円/30秒
DMMモバイル dmmtalk DMMトーク 国内通話が10円/30秒
海外通話が10円/30秒(非課税)
楽天モバイル rakutentel2 楽天でんわ 国内通話が10円/30秒
海外通話が10円/30秒(非課税)
FREETEL SIM freeteldenwa FREETELでんわ
たっぷり半額通話
国内通話が10円/30秒
海外通話が10円/30秒(非課税)
イオンモバイル ionedenwa イオンでんわ 国内通話が10円/30秒
海外通話が10円/30秒(非課税)
OCN モバイル ONE ocndenwa OCNでんわ 国内通話が10円/30秒
BIGLOBE SIM biglobedenwa BIGLOBEでんわ 国内通話が10円/30秒
U-mobile ucall U-CALL 国内通話が10円/30秒
b-mobile bmobiledenwa b-mobile電話 国内通話が10円/30秒

通話定額オプションサービス

音声通話付きプランにオプションで、通話定額サービスを付けることができます。通話定額サービスは、大きく分けて2タイプあります。

1つは、通常より割安な料金で一定の通話分が付けられるサービスで、1ヶ月のトータル通話量を把握している人におすすめです。

もう1つは、何度でも通話がかけ放題のサービスで、その多くは「〇分間、かけ放題」といった時間制限付きです。通話は短いけど、かける回数が多い人に向いています。
所定時間を超えたからといって通話が途切れることはなく、そのまま話し続けられます。超過分は20円/30秒ではなく、10円/30秒(プレフィックス型通話料金割引サービス)の通話料金がかかります。

今のところ、最安値はFREETEL SIMの「月額399円で1分間かけ放題」で、コスパが良いのはOCN モバイル ONEの月額850円で10分間かけ放題ですが、家族との通話がほとんどの人は、月額830円で家族間の通話が30分かけ放題になるIIJmioがおすすめです。

楽天モバイルでは時間無制限のかけ放題プランを実施しており、キャリアの完全なかけ放題と同じように電話が使えます。

■各社の通話定額オプションサービス

MVNO業者 サービス名 特徴
みおふぉんダイアル
(IIJmio)
miophone 通話定額オプション
830円
月額830円で、5分間かけ放題
家族間(同一ID)は30分かけ放題
通話定額オプション
600円
月額600円で、3分間かけ放題
家族間(同一ID)は10分かけ放題
mineoでんわ
(mineo)
mineodenwa 5分かけ放題サービス 月額850円で、5分間かけ放題
通話定額30
(アプリ不要)
月額840円で、30分間の通話が定額
通話定額60
(アプリ不要)
月額1,680円で、60分間の通話が定額
DMMトーク
(DMMモバイル)
dmmtalk 5分かけ放題 月額850円で、5分間かけ放題
楽天でんわ
(楽天モバイル)
rakutentel2 楽天でんわ5分かけ放題
by 楽天モバイル
月額850円で、5分間かけ放題
楽天でんわかけ放題
by 楽天モバイル
月額2,380円で、時間無制限で何度でもかけ放題
FREETELでんわ
(FREETEL SIM)
freeteldenwa 1分かけ放題 月額399円で、1分間かけ放題
3分かけ放題 月額650円で、3分間かけ放題
10分かけ放題 月額1,499円で、10分間かけ放題
イオンでんわ
(イオンモバイル)
ionedenwa イオンでんわ
5分かけ放題
月額850円で、5分間かけ放題
OCNでんわ
(OCN モバイル ONE)
ocndenwa 10分かけ放題
オプション
月額850円で、10分間かけ放題
BIGLOBEでんわ
(BIGLOBE SIM)
biglobedenwa 通話パック60 月額650円で、60分間の通話が定額
3分かけ放題 月額650円で、3分間かけ放題
U-CALL
(U-mobile)
ucall でんわパック60 月額800円で、60分間の通話が定額
3分50回かけ放題
オプション
月額500円で、1日50回3分間かけ放題
b-mobile電話
(b-mobile)
bmobiledenwa 通話3分定額
オプション
月額500円で、1日50回3分間かけ放題

UQモバイルは、通話定額がオプションサービスではなく、料金プランに予め組み込まれて販売されています。

・「ぴったりプラン」・・・60~180分間の無料通話付き

・「おしゃべりプラン」・・・5分間かけ放題つき

インターネット回線を使った電話

インアーネット回線を使った電話には、インターネット電話とIP電話があります。

インターネット電話(LINEやViberなど)

LINE、Viber、Skype、カカオトークなどの無料通話アプリを使った電話です。

インターネット回線の通信状況によって通話品質が左右し、電話回線に比べると不安定なときもありますが、アプリユーザー同士なら通話時間の制限なしに無料で電話がかけられます。海外のLINEユーザーに電話する際も同じです。
ただし、固定電話や携帯電話の相手に発信する場合は有料で、こちらから発信できても着信はできません。緊急通話やフリーダイヤルにかけられないといったデメリットもあります。

日本ではスマホユーザーの半分以上がLINEを利用しており、無料通話アプリの定番となっていますが、LINE以外にも便利に使えるアプリがたくさんあるのでチェックしてください。

無料通話アプリ 内容
LINE
(ライン)
提供会社 LINE株式会社(日本)
 ※ネイバー(韓国)の100%子会社
ユーザー数
(推定)
世界:2億2,000万人 国内:6,800万人
通話料金 ・ユーザー同士:無料
【LINE Out】
・固定電話:3円/分
・携帯電話:14円/分
【LINE Out30日プラン】
・携帯電話60分の通話:120円/付き
・固定・携帯120分の通話:720円/月
【LINE Out Free】
短い広告を見ると無料通話が利用できる
・固定電話:無料で3 分/回
・携帯電話:無料で1 分/回
LINEの魅力 通話品質はそれほど高くはありませんが、利用者数の多さが魅力。「Line Out」で、固定電話や携帯への通話が可能です。ビデオ通話機能が使えるのも嬉しい。
みん評スタッフ
の評価
★★★★
初めて無料通話アプリを使う人におすすめ
Viber
(バイバー)
提供会社 楽天(日本)
 ※キプロスに本社がある企業から楽天が買収
ユーザー数
(推定)
世界:7億8400万人
通話料金 ・ユーザー同士:無料
【Viber Out】
・固定電話:3セント/分(3.27円/分)
・携帯電話:9.8セント/分(10.68円/分)
※( )は1ドル109円で計算した金額です
※通話先の国によって料金が変わります
LINEにはない
メリット
LINEのスタンプのように、メッセージと一緒にステッカーを送信できるだけでなく、手書きメッセージも送れます。メッセージを送信するごとに、楽天スーパーポイントが貯まるので、楽天でよく買い物する人におすすめ。既読表示をOFFにする機能が付いています。
みん評スタッフ
の評価
★★★★★
仕様はLINEとよく似ていますが、通話品質はViberの方が断然優れているので、よく利用しています。2016年に実施された「国内通話0円トライアル」が非常に良くて、再度の実施を期待したいところ。
Skype
(スカイプ)
提供会社 マイクロソフト(米国)
ユーザー数
(推定)
世界:3億人 国内:900万人
通話料金 ・ユーザー同士:無料
【Skype Out】
・固定電話:2.66円/分
・携帯電話:17.5円/分
LINEにないメリット 1つのアカウントを複数のデバイスで利用できるので、PCとスマホで併用して使うことができます。ビデオ通話は音質・画質ともに優れ、会議通話に有効です。
みん評スタッフ
の評価
★★★★
セキュリーティが高く、PCでも使えるのでビジネス利用におすすめです。ビデオ通話の通信品質が良いので、スマホやタブレットで手軽にオンラインレッスンが受けられる、Skypeを活用する英会話教室が増えています。
カカオトーク 提供会社 Yahoo! JAPAN(日本)
ユーザー数
(推定)
世界:7000万人 国内:370万人
通話料金 ・ユーザー同士:無料
※固定・携帯への通話はできません
LINEにないメリット カカオトークの1番の魅力はグループ通話。5人まで同時に通話ができ、ボイスチェンジャー機能も使えるため、会話が弾みます。
みん評スタッフ
の評価
★★★
使い勝手や通話品質はLINEとほとんど同じですが、ビデオ通話が使えません。利用者数が多いLINEを使った方が、無料通話ができる相手が増えて好都合です。

IP電話(050で始まる電話)

インターネット回線を使った電話サービスにはもう1つ、IP電話があります。
LINEなどのインターネット電話は、WEB閲覧やメールと同じ回線を使って通話しますが、IP電話は「IP電話網」と呼ばれる音声専用のインターネット回線を利用します。電話回線ではありませんが、プロバイダーが管理している回線なので、通話品質の安定性は高めです。インターネット電話と違い、固定電話や携帯電話からの着信が可能です。

IP電話を申し込むと、今の電話番号のほかに「050」で始まるIP電話専用の番号が付与され、専用アプリを使って電話をかけます。通話料金はアプリ利用者同士なら無料、それ以外の通話には通話料金が発生しますが、音声通話に比べてかなり割安です。「NifMoでんわ」のように、かけ放題で使えるものもあります。

MVNO業者 サービス名 特徴
050 plus
(OCN モバイル ONE)
月額料金 324円/月
※「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」契約者は無料
通話料金 ・ユーザー同士:無料
・固定電話:8.64円/3分
・携帯電話:17.28円/1分
LaLa Call
(mineo)
月額料金 ※100円/月
mineoユーザーは100円の無料通話付きなので実質無料
通話料金 ・ユーザー同士:無料
・固定電話:8円/3分
・携帯電話:8円/30秒
NifMoでんわ
(NifMo)
国内
かけ放題プラン
月額料金1,300円/月
日本国内の固定電話・携帯電話への通話がかけ放題
国内+海外
かけ放題プラン
月額料金2,700円/月
日本国内の固定電話・携帯電話に加えて、対象国の固定電話・携帯電話への通話がかけ放題
  • LINEで送る

ページトップへ

ページの先頭へ

  1. HOME
  2. お役立ち読み物
  3. 格安SIM