みん評

29281件の口コミ

お役立ち読み物>格安SIMmineo(マイネオ)の申込方法、具体的な手順を徹底解説


auユーザーの時に使っていた「iPhone5s」。引き出しにしまっておくのはもったいないので、mineo を契約して有効活用したいと思います。

mineoを使うには当然、申込みの手続きをしなくてはいけません。スムーズに申込みできるように、mineoのWEB申込みの手順を分かりやすくまとめました。

申込みをする前にやること

まずは自分が利用するプラン内容を確認して、申込みに必要なものを用意しておきましょう。準備OKだよ~という人は、ここをスルーして「mineoのWEB申込み」へ進んでください。

決めておくこと

  • 契約プラン(データ―通信のみか音声通話付きか? データ容量は?)
  • SIMのみの契約か、スマホをセット購入か?(機種は?)
  • 利用したいオプションサービス

準備しておくもの

  • スマホをセット購入する場合は、SIMカードのサイズ確認は不要です。
  • 電話番号を引き継いで使う人は、利用キャリアのMNP受付窓口に直接電話をして、MNP予約番号(10桁)を教えてもらいましょう。
  • MNP受付窓口

    au 0077-75470(9:00~20:00)
    ドコモ 0120-800-000(9:00~20:00)
    ソフトバンク 0800-100-5533(9:00~20:00)
  • デュアルタイプ(音声通話付き)の申込みには、本人確認書類が必要。シングルタイプ(データ通信のみ)は不要です。

mineoのWEB申込み

準備が整えば、申込みの手続きを行います。
mineoの公式ページに入り、「WEBでカンタンお申し込み」というボタンをクリックすれば、入力画面に入れます。

mineoの申込画面は、5段階の流れで進みます。ネット申込みに慣れていなくて不安な人もいると思いますが、最終確認ページの「申し込みを確定する」というボタンをクリックするまでは仮申込みは受理されないので、失敗を恐れずに入力フォームの流れに従って進めていきましょう。

1.お申し込み方法の選択

【1】エントリーコード

最初に現れる入力画面では、エントリーコードがあるかないかを聞かれます。
3択のどれを選択するかは、こちらを参考にしてください。

(1)「エントリーコードをお持ちでないお客さま」を選択する人

ほとんどの人は申込みと同時に、SIMカードを発行すると思います。その場合は「エントリーコードをお持ちでないお客さま」を選択して、「次へ進む」をクリックします。ただし、例外の人もいます。

(2)「エントリーコードをお持ちのお客さま」を選択する人

SIMカードを発行する場合でも、キャンペーンやmineoユーザーからの紹介で、16桁のエントリーコードをもらっている人は、「エントリーコードをお持ちのお客さま」を選択してください。コードを入力し、「次へ進む」をクリックします。

(3)「エントリーパッケージをお持ちのお客さま」を選択する人

エントリーパッケージを購入済みで、mineoのSIMカードがすでに手元にある人は、「エントリーパッケージをお持ちのお客さま」を選択してください。パッケージに書かれたコードを入力し、「次へ進む」をクリックします。

エントリーコードってなに?

格安SIMを新規で申込む際、3,240円の事務手数料が必要です。手数料と言いつつ、要はSIMカードを発行する料金です。
1番多いパターンは、申込みが済んた後に通信できるSIMカードが手元に届く流れですが、「エントリーパッケージ」というかたちで、SIMカードを先にAmazonや家電量販店で購入しておくこともできます。
ただ、エントリーパッケージを買っただけでは、スマホに入れてもつながらず、購入後ネットでプラン申込みをすると、mineoの通信サービスが受けられるようになります。その際、パッケージに記載されたエントリーコードを入力することで、事務手数料がかからない手続きが行われます。
エントリーコードとは、その番号を入力して申込むことで、事務手数料が無料になるというもので、エントリーパッケージの事前購入以外に、雑誌の特集や紹介キャンペーンでエントリーコードがもらえることもあります。

2.サービス選択

次は契約するサービス内容を選んでいきます。どれを選択するかで、入力画面の順番が違ってきますので、自分に関係ないページは飛ばしてください。

サービス選択の入力ページ

①サービスの種類(全員)

②SIMカード選択(SIMの申込みだけの人)

③端末選択(端末をセット購入する人)

④携帯電話番号ポータビリティ(MNP)のお申し込み(音声通話プランを選ぶ人)

⑤オプションのお申し込み(全員)

①サービスの種類(全員)

利用するサービスのプランやタイプを選んでいきます。このページは、すべて必須項目です。

【1】プランを選ぶ

キャリアのスマホをそのまま使う場合、auユーザーは「Aプラン」、ドコモユーザーは「Dプラン」を選択します。

【2】タイプを選ぶ

MNPを利用してキャリアの電話番号をそのまま使いたい人は、「090・080・070」の電話番号が使えるデュアルタイプ(データ通信+音声通話)を、データ通信のみ使う人や電話はLINEやViberなどの無料通話アプリやIP電話を使う人は、シングルタイプ(データ通信のみ)を選択してください。

【3】SMS機能を選ぶ

ドコモプランのシングルタイプを選んだ人は、SMS(120円/月)が有料サービスとなるため、利用するかどうか選択します。auプランの両タイプ、ドコモのデュアルタイプはSMSが標準機能なので、この表示は現れません。

【4】コースを選ぶ

500MB、1GB、3GB、5GB、10GBの中から、データ容量を選択します。

【5】通話定額30/60を選ぶ

デュアルタイプ(音声通話付き)を選んだ人は、通話オプションサービスの希望を選択します。シングルタイプを選択すると、この表示は現れません。

【6】端末購入有無

端末を購入するか、SIMカードのみの申込みかを選んだら、「次へ進む」をクリックします。

「SIMカードのみ」を選択した人は、「SIMカード選択」の画面に切り替わります。
「SIMカード + 端末」を選択した人は、「端末選択」に切り替わります。

前のページに戻りたいときは、ブラウザの戻るボタンは使用しないこと。下の画面になって、最初からやり直しになるので、「前へ戻る」をクリックしてください。

②SIMカード選択

SIMカードのみ申込んだ人は、SIMカードの種類を選択する画面が表示されます。

auプランを選んだ場合は「micro SIM」「nano SIM」「au VoTEL対応SIM」から、ドコモプランの場合は「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の中から自分のスマホが対応するSIMを、プルダウンメニューから選び、「次へ進む」をクリックします。

「シングルタイプ」を選択した人は、「オプションのお申し込み」の画面に切り替わります。
「デュアルタイプ」を選択した人は、「MNPのお申し込み」に切り替わります。

③端末選択

「端末を購入」を選んだ人は、端末選択の画面が表示され、まず最初に端末提供条件の同意を求められます。

【1】端末提供条件の同意

「mineoサービス端末提供条件」には、分割購入と一括購入それぞれの条件や端末保証について書かれていますが、大事なところは、「正しい使い方をしていて故障した場合、1年間の保証期間内であれば無料で修理してもらえる」「8日間までは無条件で返品できる」とった内容でしょうか。ざっと目を通して問題なければ、「同意する」にチェックします。

【2】機器選択

セット販売している機種がずらりと並ぶので、スクロールしていきながら購入したい端末を1つ選んでクリックします。

【3】お支払い回数

分割購入と一括購入のどちらかを選択します。

(1)「分割」を選択

1ヶ月の分割代金が表示され、個品割賦購入契約約款の同意を求められます。書かれてあることは主に、分割払いが滞った場合は一括で支払うこと。支払いが遅れた場合、遅延損害金を支払わされるといった内容です。ざっと目を通して問題なければ、「同意する」にチェックして、「次に進む」をクリックします。

(2)「一括」を選択

購入金額に誤りがなければ、「次に進む」をクリックします。

「シングルタイプ」を選択した人は、「オプションのお申し込み」の画面に切り替わります。
「デュアルタイプ」を選択した人は、「MNPのお申し込み」に切り替わります。

④携帯電話番号ポータビリティ(MNP)のお申し込み

「デュアルタイプ」を選んだ人は、MNPを利用して今までの電話番号を引き続き利用するかどうか聞かれます。

(1)「MNPする」を選択

キャリアで使っていた電話番号をmineoでも使う場合は、「MNPする」を選びます。

・MNP予約番号

・現在お使いの電話番号

・MNP予約番号の有効期限(プルダウンメニューから選択)

3項目を入力して、「次に進む」をクリックします。

「MNP予約番号を取るのを忘れていた!」という人は、キャリアのMNP受付窓口に電話をして番号を教えてもらいましょう。

(2)「MNPしない」を選択

電話番号を引き継がない場合は、「MNPしない」を選び、「次に進む」をクリックします。

⑤オプションのお申し込み(全員)

有料オプションサービスの一覧から、利用したいものがあれば「申し込む」にチェックを付けてスクロールします。

3.ご契約者さま情報入力

オプションお申込みをスクロールすると、「ご契約者さま情報入力」の画面が現れます。

氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスを入力します。

「eoID」のIDとパスワード、パスワードを忘れた時の確認で使う秘密の質問を入力します。IDとパスワードは忘れないようにメモしておきましょう。

eoIDってなに?

eoIDとは、mineoを運営する株式会社ケイ・オプティコムが提供しているサービスを利用するための専用IDです。mineo会員向けサイトである「マイページ」にログインする際、IDとパスワードが必要です。

「ご利用者登録」を入力し、「メール配信設定」で不要なメール配信はチェックを外します。

すべて入力できたら、「次へ進む」をクリックします。全角文字で入力する箇所に小文字で入っていたり、入力漏れがある場合は、赤字でエラーメッセージが表示されます。

正しく入力できていれば、お支払い情報の入力画面に切り替わります。

選択したサービスに間違いはないか確認して、①初期費用、②月額費用、③有料オプションサービス料金、④端末代金をチェックします。

「ユニバーサルサービス料」というのは、キャリア、格安SIMどこの業者でも請求されるお金で、110番・119番などの緊急通報や公衆電話の安定的な利用のために使われます。

スクロールすると、支払い情報の入力フォームが現れるので、クレジットカードの情報を入力します。

ネット上でカード情報を入力しても大丈夫?

ネット申込みに慣れていない人だと、セキュリティが心配という人もいると思います。mineoの申込画面を開くと、アドレスバーに鍵マークが付いています。このマークが付いているページでは、入力された個人情報は暗号化され、第三者が盗み見しても、解読されることはほとんどありません。

また、カード番号とは別にセキュリティコードを入力することで、不正利用リスクが軽減されます。カード裏面の署名欄右上に記載されている最後の3桁の数字を指します。

入力できたら、「次へ進む」をクリックします。
「シングルタイプ」を選択した人は、「提供条件のご確認」ページに切り替わります。「デュアルタイプ」を選択した人は、「ご本人さま確認」ページに切り替わります。

4.ご本人さま確認

デュアルタイプの申込みには、本人確認書類の提出が必要です。運転免許証、パスポート、健康保険証、個人番号カードをデジカメやスマホで撮影しておき、画像をアップロードします。

①提出する本人確認書類をプルダウンメニューから選択し、②「ファイルを選択」をクリックして、予め保存しておいた本人確認書類の画像を選びアップロードします。カラー画像のみ有効です。

アップロードのフォームが3つありますが、1つで大丈夫です。アップロードが終わったら、「次へ進む」をクリックします。

5.提供条件のご確認

いよいよ最終確認ページです。利用規約に「同意する」をクリックして、スクロールします。

次に、契約内容を確認します。

  • ご契約者さま情報
  • ご利用者さま情報
  • サービス
  • オプション
  • お支払い情報

間違いがなければ、「申し込みを確定する」をクリックします。

申し込みが確定すると、このような画面になります。
この時点ではまだ、仮申し込みです。

メールの通知が届く(本申し込み)

仮申し込みの手続きが終わると、登録したメールアドレスにmineoからメールが届きますので、「お申し込み完了手続き用URL」をクリックしてください。

このような画面が表示され、晴れて本申し込みが完了です。

お申し込み完了手続き用URLの有効期限は、メール送信日の3日後までとなり、期限を過ぎると申込み手続きが初めからやり直しになるので注意してください。

後は、SIMの到着を待つだけです。

  • LINEで送る

ページトップへ

ページの先頭へ

  1. HOME
  2. お役立ち読み物
  3. 格安SIM