FBI日本支部になるには?転職できるかどうか考えてみた

プロフィール画像

ライター:平井真也

平井真也です。最近、FBIに入りたいなと思っていて。

というのも、海外ドラマ、なかでも刑事ものが好きでよく見ています。

特に好きなのが『クリミナル・マインド』、FBIの行動分析課(BAU)が犯罪者をプロファイリングで追い詰めてゆくというものです。行動分析課のみなさんが、それぞれ個性ゆたかで面白いんですよね。

それで、観ているうち、なんか、FBIに入りたい!って気軽な感じで思ったわけです。

かっこいいじゃないですか、FBI。犯人逮捕してミランダ法読み上げたい!(「あなたには黙秘する権利がある」とかいうアレです)

むろんFBI捜査官はかなりのエリートだってこと、知ってます。危険な職業だし、体力も必要そう。でも、けっこうな変人であるあの人もFBI捜査官です。

モルダー

「だいたいのことはエイリアンのしわざだ!」
http://en.wikipedia.org/wiki/Fox_Mulder

だから自分もなれるとは言いませんが、とりあえずFBIへの入り方を調べてみました。

スポンサーリンク

そもそもFBIとは

FBI Police: Emblem
FBI Police: Emblem / cliff1066™

そもそもFBIとは、どういう組織なのか、正しくご存じでしょうか。

実はアメリカの警察制度って非常に複雑なんです。自治や自衛の考えが強いせいで、警察としての権限をもつ組織が無数に並立しています。州や郡、市といった地方自治体がそれぞれ警察を持っています。

『CSI』っていう有名なシリーズがありますが、あれに出てくるのはそういった地元警察です。

対して、FBIは司法省、つまり国が直接設置している捜査機関で、

・州をまたいだ広域犯罪
・テロや銀行強盗などの重大・凶悪事件
・政府の汚職に関する事件

などを扱います。

海外ドラマで、FBIが出てくるのは『クリミナル・マインド』や『Xファイル』のほか、『BONES』『ホワイトカラー』『NUMBERS』『FBI失踪者を追え』なんかがそうです。『CSI』がベガスとかマイアミとかから動かないのに対して、FBIのドラマは舞台となる場所が広範囲にとることができます。

FBIに入るにはかなり高度な経験か一芸が必要

さて、どうやったらFBIに入れるのか。とりあえず、公式ホームページを見てみました。

FBI_Homepage

http://www.fbi.gov/

 そしたら普通に求人情報が載ってます。英語だけど、google先生に助力を乞いながら読んでみましょう。技術職とかも募集しているようですが、やっぱりFBIといえば特別捜査官(Special Agent)。募集資格を確認します。

まず、年齢制限があります。23歳以上37歳未満。学歴は大卒以上じゃないとダメ。3年以上の実務経験(なんらかの職業経験)がないとダメ。運転免許を持ってないとダメ。

これが最低限で、加えてなんらかの専門的な知識や技術、経験が必要なのだそう。FBIのサイトで挙げられているのは以下のものです。

・財務会計の専門知識
・コンピューターの専門知識
・工学の専門知識
・自然科学(物理学、化学、生物学など)の専門知識
・外国語の能力
・情報機関(CIAとか)の経験
・法律関係の経験(検事、弁護士など)
・警察関係の経験 ・軍隊の経験

アメリカにはFBI以外にも警察組織がたくさんあると言いましたが、そういったところですでに働いていた人は、当然、FBIでも経験が活かせるということのようです。

FBIは経済事件なんかも扱いますから、財務会計の知識は重宝される模様。ドラマ『ホワイトカラー』に出てくる知的犯罪捜査の部門などに配属されるのでしょうか。最近はITを駆使した犯罪も多いので、コンピューターに詳しい人も求められています。元ハッカーの人材を確保しようとしている(が、他の基準との兼ね合いでうまくいっていない)というニュースもありました。

 FBIが「大麻を3年吸ってない」ハッカー採用募集→閑古鳥

そういえば『クリミナル・マインド』にも元ハッカーの技術分析官ペネロープ・ガルシアというキャラクターが登場します。ガルシアは分析官であって捜査官ではないようですが、なにがしかの「一芸」に秀でていると有利ではありそうです。

同じく『クリミナル・マインド』のスペンサー・リードは3つの博士号を持つ天才という設定。このくらい優秀な資格や経験がないと採用されないのでしょうか。

Dr. Spencer Reid

スペンサー・リード
http://en.wikipedia.org/wiki/Spencer_Reid

そして、かなりの体力も必要……

FBI捜査官の採用には、体力テストもあります。

体力テストは「1分間腕立て伏せ」「300メートル走」「時間無制限腕立て伏せ」「1.5マイル走」の4種目があり、各種目最低1点以上、4種目合計12点以上を獲得しなくてはなりません。点数の基準はサイトに掲載されています。

1分間腕立て伏せ
点数 女性 男性
-2 29回以下 31回以下
0 30~34回 32~37回
1 35~36回 38回
2 37~40回 39~42回
3 41~42回 43~44回
4 43~46回 45~47回
5 47~48回 48~49回
6 49~50回 50~51回
7 51~52回 52~53回
8 53~54回 54~55回
9 55~56回 56~57回
10 57回以上 58回以上
300メートル走
点数 女性 男性
-2 67.5秒以上 55.1秒以上
0 67.4~65.0秒 55.0~52.5秒
1 64.9~62.5秒 52.4~51.1秒
2 62.4~60.0秒 51.0~49.5秒
3 59.9~57.5秒 49.4~48.0秒
4 57.4~56.0秒 47.9~46.1秒
5 55.9~54.0秒 46.0~45.0秒
6 53.9~53.0秒 44.9~44.0秒
7 52.9~52.0秒 43.9~43.0秒
8 51.9~51.0秒 42.9~42.0秒
9 50.9~50.0秒 41.9~41.0秒
10 49.9秒以下 40.9秒以下
時間無制限腕立て伏せ
点数 女性 男性
-2 4回以下 19回以下
0 5~13回 20~29回
1 14~18回 30~32回
2 19~21回 33~39回
3 22~26回 40~43回
4 27~29回 44~49回
5 30~32回 50~53回
6 33~35回 54~56回
7 36~38回 57~60回
8 39~41回 61~64回
9 42~44回 65~70回
10 45回以上 71回以上
1.5マイル走
点数 女性 男性
-2 15分00秒以上 13分30秒以上
0 14分59秒~14分00秒 13分29秒~12分25秒
1 13分59秒~13分35秒 12分24秒~12分15秒
2 13分34秒~13分00秒 12分14秒~11分35秒
3 12分59秒~12分30秒 11分34秒~11分10秒
4 12分29秒~11分57秒 11分09秒~10分35秒
5 11分56秒~11分35秒 10分34秒~10分15秒
6 11分34秒~11分15秒 10分14秒~9分55秒
7 11分14秒~11分06秒 9分54秒~9分35秒
8 11分05秒~10分45秒 9分34秒~9分20秒
9 10分44秒~10分35秒 9分19秒~9分00秒
10 10分34秒以下 8分59秒以下

うーん、なかなかハードルが高そう。ちょっと試してみましょう。まず、「1分間腕立て伏せ」から……

 

……(30秒経過)……あ、無理。(20回くらいでした)

 

……とまあ、FBIに入るための条件を調べてみたわけですが、結論としては、無理!! 無理です。カジュアルにFBI入りたいな~とはじまったこの記事を、カジュアルに無理!ってことで締めたいと思います。

そもそも、アメリカの国籍を持ってないとなれませんからね! 残念!!

おまけ:FBIの年収は?

ところで、FBIの捜査官って、お給料はどのくらいなんでしょうね。実はこれもWebサイトに掲載されていました。赴任する地域による差や、諸々の手当・調整などを含めて、新任の捜査官は年間6万1,100ドル~6万9,900ドルを稼ぐそうです。日本円にすると600~700万円ですから、これが一年目の年収とすると高収入と言えるでしょう。

※情報はFBIの公式サイトから入手しましたが、英語を読み間違って、なにか誤ったことを書いているかもしれません。お気づきの点があればご教示ください。

スポンサーリンク