【一部ネタバレ】ガンダムの小説版と原作アニメの違いについて色々調べてみた。   

ガンダム好きのMS-64さん、2度目の寄稿です!

2度目の投稿をさせていただきます、ガンダム愛好家のMS-64と申します。今回も私の大好きな『機動戦士ガンダム』シリーズについて語らせていただきたいと思います。

映画やドラマ(例えば『スター・ウォーズ』とか『相棒』とか)の小説版を読んでいて「あれ?」「えっ?」というような映像との違いに驚いたことって、誰にでもある経験だと思います。
私も、スター・ウォーズの小説版でクワイ・ガンジンがクワイ・ゴンジンと翻訳されているのを見て脱力したことがあります(発音的にはきっとこっちが正しいんだろう、うん)。
 
ガンダムも小説版はたくさん出ていますが、やっぱり設定が違うところや、根本的にお話が変わっていて、驚かされるものがいっぱいあります。
今回はそんな、私がびっくりさせられた小説版『ガンダム』の世界を紹介していきます。

スポンサーリンク

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

初代ガンダムを小説化したシリーズで、全3巻が発売されています。著者はガンダムの生みの親である、富野 由悠季監督です。

  • <小説版とアニメ版、ここが違う!>
    1、 部分的にとはいえガンダム(主役)より高性能なジム(脇役)
    2、あっけなく死んでしまう主人公、アムロ・レイ

ガンダムといえばガンダム=主役・強い、ジム(量産機)=脇役・弱いという図式が基本的なのですが、この小説版ではジムを「ひどい出来のモビルスーツ(ブライト・ノア談)」と評しながらも、部分的にはガンダムより優れた兵器としています。
なんでも、目がふたつあるガンダムに比べて、目がゴーグルひとつでシンプルな挙動のぶん、接近戦ではジムのほうが上なんだとか。
また、なによりストーリー展開がアニメとは大きく異なり、主人公・アムロが最終的に死にます
しかもアニメ版には特に出てこないキャラクターから直撃を受けて、あっけなく。ライバル・シャアと和解した瞬間にあっさりと殺されます。

 そこまでだった。
 ハヤトの光芒を回避したシャアの赤いリック・ドムがガンダムを目視して、そのパイロット──アムロ・レイが全く異なる行動に転化したのを認めた時、ガンダムは二機のリック・ドムのビーム・バズーカの直撃の中にいた。
「ルロイ!」
 シャアは絶叫した。ガンダムの機体が硬直する間もなく、他の幾百のモビルスーツや艦艇と同じく爆光を放った。
 ペガサスに牽制攻撃を加えていたルロイ・ギリアム中尉がガンダムのレーザー・センサーをキャッチし狙撃したのである。
(中略)
「アムロ! アムロが!」
 ミライ中尉の叫びに、
「アムロが墜されたのか!?」
 ブライトは息をのんだ。
「直撃です!」

上記のように死んでしまうので、小説版ガンダムは以降の作品とはつながりません

機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア―ベルトーチカ・チルドレン (角川文庫―スニーカー文庫)

1988年公開の映画『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』を、映画の初期案を元に、やはり原作者である富野 由悠季がノベライズした作品です。
基本的なストーリーは映画とほぼ同じですが、何か所か大きく異なる点があります。

  • <小説版とアニメ版、ここが違う!>
    1、 ヒロインがまったく別の人物
    2、 アムロが子持ちになる
    3、MSや登場人物の名前・姿が一部異なる

映画『逆襲のシャア』ヒロイン→チェーン・アギ

小説版ヒロイン→ベルトーチカ・イルマ

映画と小説ではヒロインとして登場する人物がまったくの別人です。小説版では更に、ヒロイン・ベルトーチカとの間に主人公・アムロは子どもを授かることになります。
登場人物やMSも映画版とデザインが異なるほか、シャアの乗る機体が『サザビー』ではなく『ナイチンゲール』、『ヤクト・ドーガ』が『サイコ・ドーガ』という機体になるなど、変化しています。

また、『逆襲のシャア』にはもうひとつ『ハイ・ストリーマー』と副題のついた小説版が存在しますが、SF漫画家の星野之宣が挿絵を担当していて、登場するMSのデザインがとても独特なものになっています。

機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 (角川文庫―スニーカー文庫)

ガンダムシリーズ初のOVA(オリジナルビデオアニメ)シリーズとして展開したこの作品、『0080』はパイロットでないひとりの少年が見た戦争という切り口が独特のガンダム作品です。

  • <小説版とアニメ版、ここが違う!>
    結末が大きく変化、死ぬはずのキャラクターが死なない

アニメ版では、主人公の兄貴分・バーニィがガンダムと戦い死んでしまう悲劇的な結末ですが、小説版では奇跡的に生きていたことが判明します。
これはアニメ版の構成も務めた小説版著者・結城恭介が、どうしてもアニメの終わり方が悲しすぎたために、ありきたりなハッピーエンディングになるのを承知で変えてしまったんだとか。
賛否両論あるようですが、個人的には、本編が悲劇的に終わっているぶん、小説版では救いがあるように思えて嬉しい改変ですね。

機動戦士Vガンダム

機動戦士Vガンダム1 ウッソ・エヴィン (角川スニーカー文庫)

テレビアニメ作品『機動戦士Vガンダム』のノベライズ作品です。著者はやっぱり、富野 由悠季監督が担当しています。

  • <小説版とアニメ版、ここが違う!>
    アニメに出てこないガンダムが物語後半の主役機として登場する

大筋のストーリーは大きく変わりませんが、最大の変化として、テレビアニメ版では主人公が後半乗る機体、『V2ガンダム』が登場しません。
かわりに前半の主役『Vガンダム』に強化パーツを追加した機体、『セカンドV』が登場します。
この『セカンドV』、小説版以外でほとんどメディア展開されることのない幻の機体でしたが、近年ではガンダム関係のゲームに登場するなど、少しずつ日の目を見る機会が増えてきています。ぜひこの調子で露出を増やしていって、プラモ化してほしいところですね!(ガンプラ好き的発想)

機動武闘伝Gガンダム

機動武闘伝Gガンダム 発動の章 (角川スニーカー文庫)

キャラクターの外見と名前と出身国以外、まったくアニメと別物になっているのがこの、小説版『機動武闘伝Gガンダム』です。

  • <小説版とアニメ版、ここが違う!>
    1、 ストーリーがまったくの別モノに
    2、 ストーリーの変化に合わせてキャラクターの立ち位置・性格も大きく変化
    3、 アニメ版の後半主役機『ゴッドガンダム』が登場しない
    4、ラスボス『デビルガンダム』の性能が常識的なレベルに

テレビアニメがガンダム同士のオリンピック的な格闘大会優勝を目指す物語なのに対し、小説版はその大会廃止を目論む軍部の暗躍を阻止する話になっています。
ストーリーの違いにあわせて登場人物の立ち位置もがらりと変わり、

・主人公・ドモンの仲間となる4人のライバルは軍部の命令で命を狙ってくる刺客に
・人の良いコメディリリーフ的役割だった上司キャラが軍事力復活を企む悪の黒幕に

といった具合にどのキャラクターも変貌しています。
また、全3巻という尺の都合や、主人公が軍から支援を受けられない立場になったからか、後半の主役機『ゴッドガンダム』は小説には登場しません。最後までドモンは最初の愛機・シャイニングガンダムでラスボス・デビルガンダムまで戦い抜きます。
アニメでは圧倒的強さで描かれているデビルガンダムも、巨大な軍事力さえあれば駆除可能とされていて、全体的に個々のガンダムやパイロットのすごさよりも軍事力の強大さを強調した作風になっています。

機動戦士ガンダム第08MS小隊

機動戦士ガンダム第08MS小隊〈上〉 (角川スニーカー文庫)

初代『機動戦士ガンダム』と同じ年代の、別の戦場でのお話を描いた作品ですが、やはりアニメにない設定・展開が小説版では付け加えられています。

  • <小説版とアニメ版、ここが違う!>
    1、 主人公・シローの性格がヒーロー好きの子どもっぽい性格に
    2、自殺という悲劇的な結末を迎えるヒロイン・キキ

主人公、シロー・アマダは『キャプテンジョー』なるヒーロー作品に憧れている、ひどく子供っぽい人物に描かれています。
戦争もどこかヒーローごっことして見ていて、次第にシローが成長していくうえでキーポイントになっています。

更に強烈な追加・変更点として、ヒロインのひとり・キキがアニメでは何事もなく無事に生き残っているのに対し、小説版ではシローと同じ連邦の兵士たちによって暴行を受け、その中で自殺してしまいます。
どうしてこうなった、というくらいに境遇に差がありますね。

最後に

今回紹介した以外にも、ガンダムシリーズはたくさんの作品が小説化されています。
複数の作者によってノベライズされている『∀ガンダム』や細部まで忠実再現した『ガンダム00(劇場版)』、大筋は同じでも細かな設定ががらりと変わっている『ガンダムAGE』など、原作アニメに忠実なのも、やはり色々と変化しているものもあります。また、小説版だけのオリジナル作品も数多く出版されています。
アニメとまた違った味のある小説版『ガンダム』、興味が出た作品があったらみなさんもぜひ、読んでみてくださいね。

手に入りにくい小説本を探すには

今回紹介した小説は発行が古いものなので、書店では手に入らないこともあります。そんなときは古本屋さんを探してみましょう。古本屋さんで本を購入するときに気をつけておいたほうがいいことがありますので、みん評の口コミをチェックしておくと吉です。

私は、駿河屋・まんだ◯け・ブック◯フ の大手三社を よく利用しています
◆まんだ◯けは、質は大変 良く・値段が高い …発送が早い
◆ブック◯フは、値段もそこそこ安く 質が悪いのが混じる場合があるが …発送は そこそこ早い
◆駿河屋は、質は 中の上・値段は 安い が…発送が極端に遅い
そして オタク商品が 多いのは、駿河屋・まんだ◯け

https://minhyo.jp/surugaya

古本屋さんによって得意分野が違うという声がありました。品揃えは大切ですが、価格や発送も気になるところ。みん評では古本買取/販売の口コミ・評判ランキングを掲載しているので、よさげな古本屋さんで、お目当ての本を探してみてください!

スポンサーリンク