田舎で婚活する実態

田舎での婚活に苦悩する、はるさんより寄稿いただきました~!

プロフィール画像

ライター:寄稿

こんにちわ、はる(ド田舎30代男の婚活研究ブログ)と申します。
高知で婚活をしている30代の男性です。

桂浜

今日はこの場を借りて地方婚活のメリット、デメリットをお話しいたしますね。

  • ・今は都会で仕事や学業をしていても将来は故郷に帰りたい
  • ・帰って生まれ育った場所で両親と暮らすって夢を見る
  • ・Uターンしてゆっくり暮らし大好きな故郷で結婚する

そう考えているひともいるんじゃないでしょうか? ぼくは両親と一緒に実家でゆっくり暮らしたいと思い、大都会神奈川から田舎の高知に帰ってきました。

そしていざ結婚するべしと婚活を始めたんですが、都会とは全く違う婚活事情に最初、大変困りました……。

スポンサーリンク

田舎にかえってきてみて……友達の紹介がない!

そもそも都会でも友達の紹介で合コンなんて中々なかったのですが、田舎に帰省したらそれが皆無でした。

ぼくは13年ぐらい神奈川にいたんで、親しい友達がほとんどいなかったのです。親しい友達は軒並み結婚をしていて遊べないし、相談することが出来ない……。さてどうすればよいのか……。
頭を悩ませました……こりゃー個人の力じゃ無理だと。

ということで、県の婚活や民間の婚活パーティ、婚活サイトの力を借りることにしました。

では前置きが長くなりましたが、ここからが田舎婚活のメリットデメリットです♪

地方の婚活のデメリット

都会との最大の違いが婚活者の少なさ、都会と比べ圧倒的に婚活者の数が少ないのです。
例えば神奈川の人口は約910万人、高知は約73万人です……10倍以上の差がありますね。

これに更に年齢の差も出てきますので、適齢の婚活者の数はもっと差があることになります。
そのため都会と比べ田舎はデメリットが多く存在します。

  • ・会える人が少ない
  • ・職場の人に合ったりする
  • ・パーティの開催や種類も少ない

一つ一つ解説していきましょう。

会える人が少ない

人が少ないゆえ、会える人の絶対数が圧倒的に少ないです。
都会のように片っ端から毎日パーティに言ってその中でよい人とめぐり合いたい。
または婚活サイトに登録してメールを送りまくる。

そんなアブレッシブな戦略をとることが出来ません。
国内最大の登録数という婚活サイトに登録しても条件絞ったら100人もいないもの……。

■Pairs(ペアーズ)
pairs

■Omiai(オミアイ)
omiai

■youbride(ユーブライド)
youbiride

3回連続で婚活イベントに行くとかぶる人もチラホラいることになる。

実際ぼくは3回同じ人に会いまして、すごい気になる方だったんで、3回ともファーストインプレッションカードに○をしました……。

結果? ダメでしたよw女性は一回ダメならダメなようです……。

パーティの開催や種類が少ない

基本都会では平日もどこかしらで行われて、更に「公務員限定」「オタク限定」「映画好き限定」など、多種多様なパーティが催されると思います。

残念ながら田舎はそこまで種類はないです。1年前にオタク婚活があったでしょうか? それぐらい。

後基本、土曜日か日曜日が開催が多いです。だって人が少ないんだもの。
土日休みじゃない人は有給を使っていくことになります……。婚活のために有給……。

同僚にはちょっと話せませんね。

職場の人に会ったりする

最大のデメリットだと思うんですけれどもたまに上司や同僚が婚活パーティにいらっしゃいますw
都会でも多分少ない確率であるんでしょうが、田舎だと確率ははねあがりますねw
ぼくも実際ありまして、フリータイムだけのパーティでなんと職場の上司が!(女性)

フリータイムだけだったのが幸いし、お互い近づかずにパーティを終えれました。
気まずすぎるよね? お互い、同性ならまだ笑えますが、異性は厳しいものがあります。

これ、3分間の婚活寿司とかあったらどうなってたんだろうか……。

kigyoumensetsu

とここまで聞くと田舎での婚活は厳しいなんて思っちゃうでしょうが大丈夫。大きなメリットもあります!

田舎で婚活のメリット

同じ人に何回も会うことで気になる人ともう1回会えるかも?

そしてカップルになれるかも?

ぼくはダメだったんですが、あの時すれ違った人ともう1回会いたい! って人に再度会えるチャンスがあります。特に男性は一目ぼれが多いので期待できるんじゃないでしょうか?

また、同じ人と2回、3回と会ううちに意外といい人なんじゃないかって思えてきて、恋が芽生える可能性もあります。

パーティなんかの短時間で、1回だけ会っても分からないことも多いです。
2回、3回と会い、またプライベートなところで会うと、もしかしたら運命って感じで新しい恋に発展するかもしれないですね。

県が婚活に力を入れています

都会ではありえないぐらい低価格な婚活パーティや長時間のパーティがいくつもあります。
今年、高知は5,000万円を婚活支援に使ってますね。
高知県が婚活支援に本腰 「民業圧迫」と反発もあるようですが……)

無料の結婚相談所えんさぽってのがあり、結婚相談所にお金を使いたくない、是非無料でしたいって方の支援中、世話焼きおばちゃんが「あんたあの子どう?」みたいな感じでうざいぐらい世話を焼いてくれてますw

全ての田舎がこうではないでしょうが、あなたの故郷はどうでしょうか?

実家が同じ県であることが多い

田舎で婚活をする際、都会よりも実家が同じ県内であることが多いと思います。
それゆえ、お互いの実家も近く結婚した際や子供を生んだ際のサポートも受けやすく、なおかつ、親孝行もしやすいです。

ぼくも最後は大好きな高知で親孝行しながら暮らすのが、都会で暮らすよりも幸せだなって思いUターンをしてきました。

結婚せよっていうプレッシャーをたまに感じますが、わりかし幸せですw

田舎での婚活はメリット、デメリット共に人それぞれ

婚活において影響力のあるメリット、デメリットを集めてみました。人によってこれは無理だってのもあると思います。

でもメリットもすごい大きいものもあることがお分かりいただけたでしょうか?
田舎に帰って結婚したい!暮らしたいって方に参考になれば幸いです。

以上、高知で婚活している30代男のはるでした。

ありがとうございました~!
はるさんにはこちらのFacebook恋活アプリランキングにもご参加いただきました!
各アプリを、はるさん他多くのライターさんブロガーさんがレビューしています。
ご興味のある方はこちらもぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

ステマ(ご紹介)いつでもお待ちしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加