みん評

件の口コミ

医療脱毛は何回で効果が出る?|効果がないときの対処&部位ごとの回数目安

医療機関で行われるレーザー脱毛は、サロンやエステの光脱毛よりも高い脱毛効果があることで知られています。

しかし「具体的に何回目の施術から効果が実感できるのか」、「効果が実感できない可能性はあるか」といった点は、あまり認知されていないというのが実情です。

レーザー脱毛は1回目から効果がある脱毛方法ですが、効果を実感しにくい場合もあるようです。そこで今回は、効果がないと感じたときの対処法を4つ紹介します。

また、自己処理の必要がなくなる回数の目安なども説明していますので「医療脱毛完了までの期間を知りたい!」という場合も、ぜひ参考にしてみてください。

効果がないときの4つの対処法

医療脱毛の効果が実感できない場合、次のような原因が考えられます。

1.肌の調子が悪く、レーザーの出力を下げて照射している
2.毛周期と脱毛のサイクルがあっていない
3.施術者の技術度の問題
4.打ち漏れが多く出ている

脱毛効果が実感できないケースでは、主に最初の2つの理由が高いと考えられますが、クリニック側に原因があることも少なくありません。

正しい脱毛効果を得るための方法や、なぜ効果が実感できないケースが起こるのかをご説明します。

脱毛前後の肌をしっかり保湿しコンディションを整える

医療脱毛は大きな熱エネルギーを与えるため、慎重に施術を行っても肌に負担がかかってしまいます。

乾燥などで肌の調子が悪い場合、ダメージを軽減するため脱毛機の出力を下げて施術することになります。そうすると当然、脱毛効果も下がってしまいます。

そこで重要となるのが、施術前後の保湿です。保湿によって得られるメリットには、次のようなものがあります。

1.ターンオーバーを正常に保ち、水分量が適切な肌を維持できることで高出力のレーザー施術が可能になる
2.施術による乾燥や炎症を緩和し、かさつきや肌荒れ、シワなどを回避できる

これらのメリットは、効果を実感するためにとても重要なことです。脱毛前後に保湿を行うのはもちろん、日常生活の中でも保湿を習慣にし、健康な肌を維持することを強くおすすめします。

日焼けをしないために紫外線対策を行う

肌の調子が悪い場合と同じく、日焼けした肌だと高い出力での脱毛が難しいため、効果が薄れてしまう可能性が高くなります。

最新のレーザー脱毛機では日焼けをしていても施術できる場合もありますが、基本的には推奨されていません。

過度の日焼けで肌荒れを起こしてしまうと、施術を断わられる場合もあるので注意が必要です。

そのほかのデメリットとして、次のようなものがあります。

1.レーザーに過剰に反応し、痛みが強くでたりやけどする危険性がある
2.炎症や毛嚢炎、腫れやむくみなどの肌トラブルリスクが跳ね上がる

こういったデメリットをこうむらないためにも、脱毛期間中は日焼け対策をしっかり行い、健康な肌を維持するよう心がけましょう。

決まった周期でクリニックに通う

高い脱毛効果を得るためには、「毛周期」と呼ばれる毛の成長サイクルに合わせて施術を行うことが重要となります。

最近は、2週間など短いサイクルで施術予約を入れることができるサロンも増えてきましたが、施術の間があまりに短いと毛周期に合わせることができず、効果が得られない場合があります。

そのため、脱毛は決まった周期で通うことがとても重要です。クリニックでは、個人の毛周期を確認した上で、適切な施術予定を立ててくれます。

もしも施術予定日に来院できない場合は早めに日程変更の相談をしましょう。施術サイクルが早すぎると脱毛効果が下がる要因がありますが、遅くなる分には問題ありません。

どのくらいの周期で通うのがベストなのか、毛周期の詳しい説明も後ほど記載しますので、そちらも参考にしてください。

医師や看護師に相談する

意外に知られていないことですが、医療レーザー脱毛は患者の肌質や毛質、部位、痛みの度合いなどに合わせて微調整しながらレーザー照射する必要があります。

そのため、施術者の経験やスキルが大きく関係します。脱毛効果が実感できない場合は、医師や看護師に相談するのも大切です。

また、脱毛機が自分に合っていないということも考えられます。例えば、ダイオードレーザーの一種である最新蓄熱式脱毛機の一つ「メディオスターNeXT PRO」は、脱毛効果が出やすい人と出にくい人の差が激しい脱毛機であることで知られています。

どの脱毛機が合うのかは実際に施術してみないと分からないので、効果が実感できない時は、脱毛器の種類について質問してみましょう。

医療脱毛の効果は1回目から出る!

レーザー脱毛は1回目から脱毛効果を発揮するとされていますが、具体的にはどの程度の効果があるのでしょうか?

1回目の施術でどの程度のムダ毛が脱毛できるのかや、照射後、ムダ毛が抜け始めるまでの期間について解説します。

1回の施術で脱毛できるムダ毛は約20%しかない!なぜ?

医療レーザー脱毛1回目の施術で処理できる体毛の数は、毛質などの個人差や、施術をする部位によって多少変動しますが、全体の約20%程度となります。

なぜ全体の20%程度しか脱毛できないんでしょうか。実は体毛が生えかわるサイクル「毛周期」に関係があります。毛周期には大きく分けて次のような3つの段階があり、数カ月から数年のサイクルで繰り返します。

ここで重要となるのが「脱毛効果が得られるのは、毛周期の成長期の期間のみ」という点です。

医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応するレーザーを照射し、体毛につながった毛根周辺の毛母細胞を熱で破壊する施術です。つまり、体毛を作り出す細胞にアプローチして、脱毛効果を発揮するというわけですね。

そのため、脱毛効果が得られるのは、体毛と毛母細胞がつながっている「成長期のみ」となります。

成長期にある体毛は全体の20%前後であるため、1回目の施術で処理できる範囲は「成長期にある体毛=20%前後」とされています。

また、初回の施術では、肌質や毛質、痛みなどを確認しながら慎重に施術を進めるので、出力や照射時間が抑え気味となります。そのため、2回目以降の施術と比較して、初回は効果が実感しづらいという一面もあります。

毛が抜けるのは施術後2~4週間後

医療レーザー脱毛には、体毛が抜けた後も新たな体毛を生えにくくする「脱毛・抑毛効果」があります。

しかし、すぐに体毛が抜けるということはありません。個人差はあるものの、施術から2週間程度経過するとポロポロとムダ毛が抜け始めるのが一般的です。

遅い場合は3~4週間程度でようやく体毛が抜け始めるというケースもあるため、なかなか効果が実感できなくても、焦らず経過を観察しましょう。

もし、次の施術までに体毛が抜けない場合は、1回目のレーザー照射出力が低すぎたなど、何かしらの問題が生じている可能性があります。その際はクリニックに相談することをおすすめします。

脇・VIO・顔など 部位別の回数目安

医療脱毛は、毛質や肌質によって効果の出方に個人差がありますが、部位によっても効果に差が出るという特徴があります。

この点を知らずに脱毛を始めると「思ったよりも脱毛効果が得られなかった」、「ワキや脚は脱毛効果がすぐ出たのに、顔やVIOラインはなかなか効果がでない…」など、脱毛に対して不安や不信感を抱いてしまう可能性があります。

そういった不安を解消するために、ここでは部位ごとに「自己処理がほぼ必要なくなる回数」や「ツルツルの肌になる回数」などを説明します。

部位別 脱毛効果がみられる目安回数・期間とは

毛周期や毛質、肌質、施術部位によっても異なりますが、おおよそ3回程度の施術で体毛の減少を実感し、5~8回程度で自己処理が必要なくなる程度の脱毛効果を得られます。

部位ごとのに「自己処理がほぼ必要なくなる回数」「ツルツルの肌になる回数」の目安を次の表でまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

脱毛部位 自己処理がほぼ不要になる回数 ツルツルになる回数
8~10回 10回~
5~6回 6~8回
Vライン 5~6回 6~回
Iライン・Oライン 8~10回 10回~
腕・脚 5~6回 6~8回
お腹・背中・胸 5~6回 8~10回
おしり 5~6回 8回~

例外として、次のような特徴のある部位は「脱毛効果が出にくい」「施術難易度が高い」などの理由で、必要となる施術回数が多くなる傾向があります。

▷産毛、または体毛の色素が薄い、極細である(顔など)
▷肌が薄く敏感な部分に、濃く太い毛が密集している(VIOラインなど)
▷皮膚の直下に骨がある(VIOラインなど)

これらの部位はレーザー脱毛の効果が出にくい、または敏感な部分のため高出力の施術ができない場合があります。

もし、脱毛をしていて納得いく効果がでないな…と感じた場合は、該当する部分に上記のような特徴がないか確認してみると良いでしょう。

レーザーの種類によって脱毛の効果は違うの?

結論から言うと、レーザーの種類によって脱毛効果は違ってきます。これは、脱毛機ごとに採用されているレーザーの種類や脱毛方式が異なるためです。

現行の脱毛機に使われているレーザーは「アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザー」の3種類があります。

脱毛効果だけ見れば「ヤグレーザー>アレキサンドライトレーザー>ダイオードレーザー」の順で高くなりますが、ムダ毛の種類によって効果が異なります。

一方、痛みの度合いを見ると「ヤグレーザー>アレキサンドライトレーザー>ダイオードレーザー」の順で強くなるため、痛みに弱い人にはヤグレーザーはおすすめしません。

脱毛器の種類 痛み 産毛 剛毛
アレキサンドレーザー
ダイオードレーザー
ヤグレーザー

また、脱毛方式は大きく分けて「熱破壊式」「蓄熱式」の2つがあり、脱毛効果、痛みの度合いともに「熱破壊式>蓄熱式」となります。

毛質・肌質に合わせ、3つの脱毛機から最適な機器を選べるリゼクリニック

医療脱毛では、それぞれの肌質や毛質、施術中の痛みの度合いなどを慎重に見極め、最適な脱毛機を選択することが必要となりますが、異なる種類の脱毛機を揃えるクリニックはそう多くはありません。

その点、リゼクリニックでは次の3つの脱毛機を導入しているため、幅広い肌質・毛質に対応し、適切なマシン選びが可能となっています。

▷熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機
▷蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機
▷熱破壊式YAGレーザー 脱毛機

リゼクリニックでは、カウンセリングと診察を綿密に行い、医師の責任の下、最適な脱毛機を選択することで、安全性を確保しながら、高い脱毛効果の施術を行っています。

自分の肌質や毛質に合った最適な施術を受けたい、安全性が高く痛みを考慮した施術を希望するといった場合は、リゼクリニックを選択肢に入れると良いでしょう。

まとめ

▷脱毛効果が実感できない時は、保湿や紫外線対策、通うサイクルを守るといった点に気をつける
▷脱毛効果が出ない原因がクリニックにある場合もあるため、医師や看護師に相談することが大切
▷基本的には1回目の施術から効果が実感できるが、1回の施術で処理できるムダ毛は全体の約20%
▷脱毛器の種類や施術する部位によって脱毛効果の出方は異なる

医療脱毛の効果は、患者の肌質や毛質、毛周期、使用される脱毛機、施術者の熟練度などなど、様々な要因によって大きく変わってきます。今回の記事では、高い効果を得るためのポイントを解説しましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

  • LINEで送る

スポンサーリンク

ページトップへ