120,745件の口コミ

  • BTOパソコンの口コミ・評判ランキング

BTOパソコンの口コミ・評判ランキング

BTOパソコンというのは ”注文を受けてから生産する方式” なので在庫リスクが低く、それが価格に反映されているので安いという魅力があります。

また、量販店で売られているパソコンのように「結局使わないソフトたち」がインストールされていないので、常駐ソフトが無く動作が軽快な点も人気の一つです。

元祖BTOパソコンと言えばDELL(デル)ですが、今や国内でも10社近くのメーカーがあり、価格・サービス競争は激しく、パソコン関連の知識に疎い初心者の方はどれを選べばいいのか?迷ってしまうと思います。

そこで自作パソコン暦10年、BTOパソコンの購入台数は計5台という、パソコン好きのみん評編集部の私が、公式サイトの調査とこれまで培ってきた経験を元に、選ぶ時に抑えておきたいポイント候補としておすすめしたい5つのBTOパソコンメーカーを紹介します。

BTOパソコンを選ぶ際に知っておきたい3つの重要ポイント

みん評がおすすめするBTO業者だけを見ても特徴は違います。ですから、自分に合った一台を見つけるためにも特に抑えておきたい重要なポイントを3つに絞って挙げてみました。

1. ゲーミングPCだと価格差がある

BTOパソコンは基本的にパーツの組み立て屋さんなので、例えば ”パソコン工房が独自に開発したオリジナルCPU” などというものはありません。

ですから、同じパーツで構成されたオフィス用途などの普通のパソコンなら、BTOメーカー間でほとんど価格差はないと言っていいでしょう。

ただし、ゲーミングPCとなると万単位で差が出る場合があります。まずは以下の比較表を見て下さい。

共通スペック(Intel Core i7-9700K/GeForce RTX 2070 SUPER/16GBメモリ/500~512GB M.2 SSD/700~750W電源ユニット)で価格比較

メーカー ブランド 商品名 価格(税抜)
ストーム PG PG-FF
(カスタマイズ)
16万2540円
ドスパラ GALLERIA GALLERIA XF (標
準構成)
16万4980円
マウスコンピューター G-Tune NEXTGEAR-MICRO im620GA4
(標準構成)
16万6300円
パソコン工房 LEVEL-∞ LEVEL-R040-i7K-TWA
(カスタマイズ)
17万4,940円
TSUKUMO G-GEAR GA7J-H194/ZT 18万6300円
フロンティア GH FRGHZ390/SG2
(標準構成)
19万2800円
DELL ALIENWARE ALIENWARE AURORA
(標準構成)
19万4842円
サイコム G-Master Mace H370
(カスタマイズ)
20万1573円
※2020年3月調査時での価格です。
※DELLとマウスコンピューターについては標準構成の2TB HDDを「無し」にカスタマイズできなかったので、市場価格を鑑みて-3500円して計算しています。

このように、見た目のスペックをほぼ同じにしたモデルを並べてみても、最高値と最安値の価格差が約3万円あるということが分かります。

この理由は幾つかあるのですが、最も大きな理由としては各BTOメーカーが採用している(採用する傾向にある)グラフィックボードメーカー(ベンダー)の違いにあります。

グラフィックボードというのは簡単に言うと、動画を滑らかに表示させるためのPCパーツで、高画質なオンラインゲームをプレイするための必須パーツです。

普通のパソコンの場合は「オンボード」と言って、マザーボードにある機能を使って動画に関する処理をするのですが、オンラインゲームとなるとグラフィックボードの機能を使わないと、そもそもゲームが動作しなかったり快適なプレイが出来ないのです。

製造元や主成分以外の構成成分に違いはあっても、先発薬、ジェネリック薬の両者の効果そのものに違いはないのです。

グラフィックボードはNVIDIA社が発売しているGeForce(ジーフォース)と、AMD社が発売しているRADEON(ラデオン)がありますが、この2社が唯一のGPUメーカーであり、また、この2社が発売しているグラフィックボード製品群はリファレンスモデルと呼ばれています。

(GPUというのは、グラフィックボードの核とも言える計算処理を行う半導体チップ(プロセッサ)のことです。)

そして、リファレンスモデルに対してオリジナルモデルというものがあり、これは数多くあるグラフィックボードメーカー(ベンダー)が、NVIDIA、GeForce のGPUを元に独自に設計して製造したグラフィックボードになります。

つまり、GPUは同じものなのですが、例えば排熱するためのファンの性能が違ったり、メモリの容量が違ったり、端子の種類や数が違ったりするのです。

グラフィックボードは基本的に性能が高いほど価格は高くなります。そして、高価なものなので万単位で価格差が生まれ、結果、ゲーミングPC本体の価格にも反映されやすいというわけなのです。

市場では沢山のグラフィックボードが発売されていますが、その価格について一例を挙げてみます。

各ベンダーのグラフィックボードの価格比較(GeForce RTX 2080 Ti を例に)

メーカー 品名 価格 主に採用している
傾向
があるBTOメーカー
Palit
(パリット)
NE6208TS20LC-150A
(ドスパラ限定モデル)
13万1972円 ドスパラ
玄人志向
(くろうとしこう)
GALAKURO GAMING GG-RTX2080Ti-E11GB/T 13万2636円  
ASUS
(エイスース)
TURBO-RTX2080TI-11G 14万2669円  
GIGABYTE
(ギガバイト)
GV-N208TGAMING OC-11GC 14万2978円 マウスコンピューター
ZOTAC
(ゾタック)
GAMING GeForce RTX 2080 Ti Triple Fan ZT-T20810F-10P 14万4869円 TSUKUMO
Colorful
(カラフル)
iGame GeForce RTX 2080 Ti Advanced OC 14万8400円  
ELZA
(エルザ)
GeForce RTX 2080 Ti ERAZOR GAMING GD2080-11GERTES2 15万297円 パソコン工房
INNO3D
(イーノスリーディー)
GEFORCE RTX 2080 TI GAMING OC X3 15万5651円 ストーム
MSI
(エムエスアイ)
GeForce RTX 2080 Ti VENTUS GP OC 15万9500円 サイコム
フロンティア
玄人志向
(くろうとしこう)
GALAKURO GK-RTX2080Ti-HOF 10th AE 19万7978円  
ASUS
(エイスース)
ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-WHITE-GAMING 20万8800円  
※2020年3月調査時点での情報です。

このように、同じ GeForce RTX 2070 SUPER というGPUを搭載しているモデルなのですが、最大で7万円以上もの価格差が生まれています。

この表を見ると、やはりゲーミングPC本体の価格が高いBTOメーカーは、グラフィックボードの単体価格が高いものを採用していることが分かります。

上の表では各BTOメーカーが主に採用しているブラフィックボードメーカーを記載していますが、在庫の状況や時期により違うグラフィックボードメーカーを採用することは結構あります。

搭載されるグラフィックボードが気になる方は注文の際に問い合わせてみても良いでしょう。中には希望のグラフィックボードを搭載してくれる小回りの効くメーカーもあります。

因みに安価だからと言って、高価なグラフィックボードと比較して故障しやすいとか消費期限が短いとか処理能力が大幅に低いという事はありません。

みん評編集部の意見としては、安さを重視するなら堂々と安価なグラフィックボードが搭載されている安価なゲーミングPCを選べば良いと思います。

2. 初心者向けか?上級者向けか?の違いがある

BTOパソコンの魅力としてパーツを自由にカスタマイズできることが挙げられますが、カスタマイズを楽しんだりするにはPCパーツの知識が無いと難しいです。

現状BTOメーカーでは、マザーボードなどのパーツは変更不可として、初心者でも知っているメモリやストレージ(SSD、HDD)を中心とするカスタマイズだけ出来るメーカーと、自作さながらのパーツ選びが出来る上級者向けメーカーに分かれています。

初心者向け
(マザーボード固定)
(モデルによってある程度パーツが固定)
上級者向け
(ほぼ全てのパーツがカスタマイズ可)
(フルカスタマイズ可)
ドスパラ
マウスコンピューター
パソコン工房
TSUKUMO
DELL
フロンティア
サイコム
ストーム
PCワンズ
VSPEC

入相談がチャットやLINEで出来たりするメーカーも

さらに、初心者向けBTOメーカーの中には、初心者向けの購入サポートとしてライブチャット相談の機能やLINE相談を設けているところがあります。

メーカー名 チャット相談 LINE相談
ドスパラ あり あり
マウスコンピューター あり あり
パソコン工房 あり あり
DELL あり あり

みん評調べで確認できたのは上記4メーカーでした。例えばパソコン工房のLINE相談をしてみましたが、

BTOパソコン 購入相談チャット

予算と用途を伝えて何回かやりとりの後、最終的に数モデルを提案してくれるという感じです。レスポンスがとても早くシンプルな回答なので初心者にはありがたいと思います。

ただし、上記の表にないメーカーが初心者に親切じゃないのか?と言うとそうではなく、上級者向けのメーカーであるほどこういった取っ付きやすい窓口はないものの、実際に電話で問い合わせると商品知識が豊富で親切なスタッフが対応してくれる傾向があります。

ですから漠然とパソコンが欲しいというような方は初心者向けメーカーを、しっかりと目的用途が決まっている方は上級者向けメーカーを選ぶと良いでしょう。

3. 納期は事前にチェックしておこう

実は、パソコンを注文してから届くまでの期間(納期)ですが、これはBTOメーカーによって結構バラつきがあります。

また、同じメーカーでも通常のデスクトップパソコン、ゲーミングPCなど種類によって納期は若干バラつきはあります。

ただし、納期の早いメーカー、遅めのメーカーという大まかな分類はできるので以下にまとめてみました。

各BTOメーカーの最短納期の比較

早い
(即日~翌日)
普通
(3日程度)
遅い
(1週間程度)
ドスパラ
パソコン工房
TSUKUMO
DELL
マウスコンピューター
フロンティア
ストーム
サイコム
VSPEC
PCワンズ

なるべく早くパソコンが欲しい場合は

どのBTOメーカーでも、基本的に最短納期が適用されるのは、カスタマイズ無しで注文したパソコンになります。

BTOパソコンと謳ってはいるものの、メーカー側としてはカスタマイズ無しのモデル…簡単言えば ”出来合い” のモデルについては生産ラインが出来上がっているので出荷までが早いのです。

カスタマイズすると、パーツによっては生産ライン上での工程が増えたり、その時点で在庫が無ければパーツの取り寄せなどをする必要が出てくるので、その分遅くなります。

もし、1日でも早くパソコンが欲しい場合は上の表の「早い」に該当するメーカーで、なおかつ「カスタマイズなし」モデルから選ぶ事をおすすめします。

BTOパソコンの口コミ・評判ランキング一覧

順位 商品・サービス 満足度 口コミ数
1位 日本HP(オンラインストア) 3.58 81
2位 PCデポ 3.32 54
3位 DELL 3.23 45
4位 パソコン工房 3.22 35
5位 ツクモ(TSUKUMO) 3.14 24
6位 サイコム(@Sycom) 3.12 24
7位 マウスコンピュータ 3.08 32
8位 パソコンショップSEVEN 3.06 18
9位 PCワンズ(1's) 3.03 17
10位 富士通WEB MART 3.02 16

11位以下を見る


本体欠品のゲーミングノートPC購入しましたさん

  • 5.00
  • 納期・コスパ共に満足

スペック・値段ともに希望通りだったのでここに決めました。
本体のみ欠品中の商品でした。
口コミ見て納期詐欺について不安だったため、サイトの下の方に記載されている「購入前の納期確認」をすることに。6月1日に見積書作成後コールセンターに問い合せたところ、納期は6月中旬とのこと。
コールセンターを信じ、コロナ収束間際の6月2日に正式受注。

以下メールタイトル
2日 正式受注に関するお知らせ。
3日 ご注文の製品の欠品に関するご案内
4日 ご注文の製品の納期確定に関するご案内(納期10日確定)
9日 伝票番号のご案内

10日午前 PC到着

私の爆速納期が例外なのかもしれませんが、納期が不安なら1度購入前にコールセンターに納期に関して問い合わせてはいかがですか?


結局DELLを買ったさん

  • 1.00
  • コールセンターが可哀想

5/25 注文
5/26 正式受注のお知らせ
6/02 納期に関するご案内
    4営業日内に状況を連絡します。
6/08 納期に関するご案内
    一ヵ月半程度かかります。
6/29 ご注文製品納期について
    正確な納期が確定しません。
ここで連絡メール内に問い合わせ電話番号が記載されていないため、メールにて問い合わせ。
6/30 お問い合わせの件につきまして
    ・部材が調達出来ないため8月中旬以降になる。
    ・中国での生産自体は回復している。
    ・変更すれば在庫あるかも。

他の方のコメントを拝見すると、+5000円でほぼ同じ内容の商品があるので、変更すれば即納される模様。
これ、どうして部材の入手が出来ず納期の目処が立たない段階で案内を出さなかったんだろう?
顧客に迷惑をかけるのが判りきっているのに。

問題を把握できていないのか、放置してたのか知らないけど、完全に管理職の怠慢でしょ。
一ヶ月無駄にしました。責任者のクビで償って欲しい。

前線で対応しているコールセンターの人が気の毒ですよ。

もっと口コミを見る


とくめいさん

  • 5.00
  • 助かりました

越谷店Sさんありがとうございました。
Office 365の設定トラブルで訪問。
淡々とではあるがしっかりと対応してもらいました。
問題箇所を見つけて解決策を提案してもらえて感謝しています。


みかんさん

  • 1.00
  • SIMカード

マイネオのSIMカードを販売してもらいたく、行くが在庫がないからウェブで申し込みしろと、、

ある事情があり、ネットで申し込みをするより、販売店でもらう方が安心だったので、この日にSIMカードをもらいたいので、在庫なしっと言われて経緯があるので、予約させてもらってもいいですかっときくと、設定は自分でしますというと、金にならないから、再度ネットから注文しろっと押し切られました。販売店にこの会社を指定している意味がなし、

ホント評判悪いことはそのまま、、びっくりでした

もっと口コミを見る


b.bさん

  • 1.00
  • 散々待たせた挙句不良品

パソコンが必要になったので注文してみると、送ってもらうまで2か月かかる、やっと届いた商品も作りが雑で天板にゆがみが生じており、ねじを無理やり締められ、ねじ山がつぶれていた。
サポートも日本人ではなく、正直聞き取りずらいため、電話でのサポートはお勧めしないし、第一他社製品を買ったほうがいい。

もっと口コミを見る

スポンサーリンク

パソコン工房


とくめいさん

  • 1.00
  • 客への対応が悪い。

パソコンを通販で購入しパソコン設置おまかせサービスを購入するもその事に関する説明が一切なく、電話で問い合わせてもつながらず途方にくれた。これではわざわざ3万円はらってこのサービスを購入した意味がなく、果たしてこのサービスが実行されるかどうかわからず不安だ。もし実行されなければ法的処置に訴えることを検討しなければならないのでたいへん憂鬱である。正直言ってこの会社のパソコンを購入したことを深く後悔している。

ツクモ(TSUKUMO)


NZXTを信じXTさん

  • 1.00
  • サポートの質の悪さ

1.利用したきっかけ
NZXT社のAER RGBを購入しようと思い立ち価格.comでの
最安値のショップがツクモの通販ショップだったため。
2.良かった点
ファンが回転させてから割れてたという初期不良だったためひとまず総合サポートに連絡。
総合サポートの対応としては「ファンが吹き飛んだことによる身体へのケガはあるか」といった相手の気遣いから入り、サポートの質は比較的良いと感じた。
3.悪かった点
修理サポートの対応が控えめに言って商売するレベルではない。
ボソボソとした小さな声、徐々に消える敬語、挙げ句の果てには
発送業者への連絡ミス。こんな素晴らしいショップは滅多にないでしょう。


kaki iceさん

  • 1.00
  • ノートPC初期不良!

はっきり言ってこの会社のパソコンはオススメしません。納品時から異音に悩まされ、2ヶ月もしないうちに液晶不良、その後起動すらしなくなりました。サポートセンターに連絡しましたが通常の修理対応とのこと。しかも場合によっては有料修理です。開梱時から異音について連絡しておりましたが仕事で使う想定で購入したパソコンについて返送し一週間以上修理にかかりますって!どんな企業リテラシーでしょうか!はっきり言います。このメーカーはオススメしません!

ちなみにモデルはクリエイター用のハイスペックノートPCでした。


わすさん

  • 5.00
  • 痒い所に手が届く

性能的に余裕のあるゲームPCが欲しく、BTOを巡っていたところ、セブンさんに行きつきました。
i7 9700・RTX2070super・メモリ32G・SSD 1T・HDD 1Tの構成で税込18万9千円という衝撃的な安さで、よく見たら日替わりセールで6万円引きとありました。同様にセールしていたメモリ16G、SSD500Gのモデルよりもなぜか安かったw
セブンさんの良いところは、見た目(ケース)・構成の柔軟さ・価格を両立している点で、唯一無二のBTOだと思います。電源やCPUファンなど(GOLD電源750w+インテルCPUだと素で虎鉄くん付き)も妥協しない選択肢が取れ、一方でHDDの容量やDVDドライブの有無なども柔軟に選択できる。そして納期も1週間と早い。逆にパソコン初心者は選択肢が多すぎて混乱しそうですが、うまくセールを狙えれば、最低限パーツの要否と値段感がわかるBTOユーザーには非常にオススメ。

富士通WEB MART


みつかづさん

  • 5.00
  • マシン性能が選べる

私は10年以上、中古も含めて富士通製のパソコンを使い続けてまして、WEB MARTで購入するのは2回目ですが、WEB MARTならではの特徴として、ある程度マシン性能をカスタマイズできるのと、メーカー保証が無料で3年間に延長できるのが良いですね。

今回私が購入したパソコンは「LIFEBOOK WA3/D3」という2019年秋モデルの15.6型液晶のノートパソコンですが、CPUをIntel Core i7-9750H (6コア/12スレッド/2.6~4.5GHz)、メモリを32GB (16GB×2) [デュアルチャネル対応]、HDDを約1TB、光学ドライブをBDXL対応 Blu-ray Discドライブ(スーパーマルチドライブ機能対応)にカスタマイズしたのでかなりの高性能で、テンキー標準装備ですがクーポン適用で18万円弱でした。

ノートパソコンでこの性能と3年保証でこの価格の新品なら、大満足です。

将棋ソフトや動画視聴をメインに使っていますが、とても動作が快適です。

10年以上前のPentiumDのCPUと比べてファンの風切り音も大きくないので、夜でも使えますし、末永く使いたいなと思っています。キーボードも打ち易いです。

  • LINEで送る

ページトップへ