152,358件の口コミ

  • BTOパソコンの口コミ・評判ランキング

BTOパソコンの口コミ・評判ランキング

BTOパソコンというのは ”注文を受けてから生産する方式” なので在庫リスクが低く、それが価格に反映されているので安いという魅力があります。

また、量販店で売られているパソコンのように「結局使わないソフトたち」がインストールされていないので、常駐ソフトが無く動作が軽快な点も人気の一つです。

元祖BTOパソコンと言えばDELL(デル)ですが、今や国内でも10社近くのメーカーがあり、価格・サービス競争は激しく、パソコン関連の知識に疎い初心者の方はどれを選べばいいのか?迷ってしまうと思います。

ここでは、ユーザーの口コミ評価をベースにしたランキングを発表。また、自作パソコン暦10年、BTOパソコンの購入台数は計5台という、パソコン好きのみん評編集部の私が、公式サイトの調査とこれまで培ってきた経験を元に、選ぶ時に抑えておきたいポイントを紹介します。

BTOパソコンを選ぶ際に知っておきたい3つの重要ポイント

みん評がおすすめするBTO業者だけを見ても特徴は違います。ですから、自分に合った一台を見つけるためにも特に抑えておきたい重要なポイントを3つに絞って挙げてみました。

ゲーミングPCだと価格差がある

BTOパソコンは基本的にパーツの組み立て屋さんなので、例えば ”パソコン工房が独自に開発したオリジナルCPU” などというものはありません。

ですから、同じパーツで構成されたオフィス用途などの普通のパソコンなら、BTOメーカー間でほとんど価格差はないと言っていいでしょう。

ただし、ゲーミングPCとなると万単位で差が出る場合があります。まずは以下の比較表を見て下さい。

共通スペック(Intel Core i7-9700K/GeForce RTX 2070 SUPER/16GBメモリ/500~512GB M.2 SSD/700~750W電源ユニット)で価格比較

 
メーカー ブランド 商品名 価格(税抜)
ストーム PG PG-FF
(カスタマイズ)
16万2540円
ドスパラ GALLERIA GALLERIA XF (標
準構成)
16万4980円
マウスコンピューター G-Tune NEXTGEAR-MICRO im620GA4
(標準構成)
16万6300円
パソコン工房 LEVEL-∞ LEVEL-R040-i7K-TWA
(カスタマイズ)
17万4,940円
TSUKUMO G-GEAR GA7J-H194/ZT 18万6300円
フロンティア GH FRGHZ390/SG2
(標準構成)
19万2800円
DELL ALIENWARE ALIENWARE AURORA
(標準構成)
19万4842円
サイコム G-Master Mace H370
(カスタマイズ)
20万1573円
※2020年3月調査時での価格です。
※DELLとマウスコンピューターについては標準構成の2TB HDDを「無し」にカスタマイズできなかったので、市場価格を鑑みて-3500円して計算しています。

このように、見た目のスペックをほぼ同じにしたモデルを並べてみても、最高値と最安値の価格差が約3万円あるということが分かります。

この理由は幾つかあるのですが、最も大きな理由としては各BTOメーカーが採用している(採用する傾向にある)グラフィックボードメーカー(ベンダー)の違いにあります。

グラフィックボードというのは簡単に言うと、動画を滑らかに表示させるためのPCパーツで、高画質なオンラインゲームをプレイするための必須パーツです。

普通のパソコンの場合は「オンボード」と言って、マザーボードにある機能を使って動画に関する処理をするのですが、オンラインゲームとなるとグラフィックボードの機能を使わないと、そもそもゲームが動作しなかったり快適なプレイが出来ないのです。

製造元や主成分以外の構成成分に違いはあっても、先発薬、ジェネリック薬の両者の効果そのものに違いはないのです。

グラフィックボードはNVIDIA社が発売しているGeForce(ジーフォース)と、AMD社が発売しているRADEON(ラデオン)がありますが、この2社が唯一のGPUメーカーであり、また、この2社が発売しているグラフィックボード製品群はリファレンスモデルと呼ばれています。

(GPUというのは、グラフィックボードの核とも言える計算処理を行う半導体チップ(プロセッサ)のことです。)

そして、リファレンスモデルに対してオリジナルモデルというものがあり、これは数多くあるグラフィックボードメーカー(ベンダー)が、NVIDIA、GeForce のGPUを元に独自に設計して製造したグラフィックボードになります。

つまり、GPUは同じものなのですが、例えば排熱するためのファンの性能が違ったり、メモリの容量が違ったり、端子の種類や数が違ったりするのです。

グラフィックボードは基本的に性能が高いほど価格は高くなります。そして、高価なものなので万単位で価格差が生まれ、結果、ゲーミングPC本体の価格にも反映されやすいというわけなのです。

市場では沢山のグラフィックボードが発売されていますが、その価格について一例を挙げてみます。

各ベンダーのグラフィックボードの価格比較(GeForce RTX 2080 Ti を例に)

メーカー 品名 価格 主に採用している
傾向
があるBTOメーカー
Palit
(パリット)
NE6208TS20LC-150A
(ドスパラ限定モデル)
13万1972円 ドスパラ
玄人志向
(くろうとしこう)
GALAKURO GAMING GG-RTX2080Ti-E11GB/T 13万2636円  
ASUS
(エイスース)
TURBO-RTX2080TI-11G 14万2669円  
GIGABYTE
(ギガバイト)
GV-N208TGAMING OC-11GC 14万2978円 マウスコンピューター
ZOTAC
(ゾタック)
GAMING GeForce RTX 2080 Ti Triple Fan ZT-T20810F-10P 14万4869円 TSUKUMO
Colorful
(カラフル)
iGame GeForce RTX 2080 Ti Advanced OC 14万8400円  
ELZA
(エルザ)
GeForce RTX 2080 Ti ERAZOR GAMING GD2080-11GERTES2 15万297円 パソコン工房
INNO3D
(イーノスリーディー)
GEFORCE RTX 2080 TI GAMING OC X3 15万5651円 ストーム
MSI
(エムエスアイ)
GeForce RTX 2080 Ti VENTUS GP OC 15万9500円 サイコム
フロンティア
玄人志向
(くろうとしこう)
GALAKURO GK-RTX2080Ti-HOF 10th AE 19万7978円  
ASUS
(エイスース)
ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-WHITE-GAMING 20万8800円  
※2020年3月調査時点での情報です。

このように、同じ GeForce RTX 2070 SUPER というGPUを搭載しているモデルなのですが、最大で7万円以上もの価格差が生まれています。

この表を見ると、やはりゲーミングPC本体の価格が高いBTOメーカーは、グラフィックボードの単体価格が高いものを採用していることが分かります。

上の表では各BTOメーカーが主に採用しているブラフィックボードメーカーを記載していますが、在庫の状況や時期により違うグラフィックボードメーカーを採用することは結構あります。

搭載されるグラフィックボードが気になる方は注文の際に問い合わせてみても良いでしょう。中には希望のグラフィックボードを搭載してくれる小回りの効くメーカーもあります。

因みに安価だからと言って、高価なグラフィックボードと比較して故障しやすいとか消費期限が短いとか処理能力が大幅に低いという事はありません。

みん評編集部の意見としては、安さを重視するなら堂々と安価なグラフィックボードが搭載されている安価なゲーミングPCを選べば良いと思います。

用途が定まっていない場合初心者向けのメーカーがおすすめ

BTOパソコンの魅力としてパーツを自由にカスタマイズできることが挙げられますが、カスタマイズを楽しんだりするにはPCパーツの知識が無いと難しいです。

現状BTOメーカーでは、マザーボードなどのパーツは変更不可として、初心者でも知っているメモリやストレージ(SSD、HDD)を中心とするカスタマイズだけ出来るメーカーと、自作さながらのパーツ選びが出来る上級者向けメーカーに分かれています。

初心者向け
(マザーボード固定)
(モデルによってある程度パーツが固定)
上級者向け
(ほぼ全てのパーツがカスタマイズ可)
(フルカスタマイズ可)
ドスパラ
マウスコンピューター
パソコン工房
TSUKUMO
DELL
フロンティア
サイコム
ストーム
PCワンズ
VSPEC

入相談がチャットやLINEで出来たりするメーカーも

さらに、初心者向けBTOメーカーの中には、初心者向けの購入サポートとしてライブチャット相談の機能やLINE相談を設けているところがあります。

メーカー名 チャット相談 LINE相談
ドスパラ あり あり
マウスコンピューター あり あり
パソコン工房 あり あり
DELL あり あり

みん評調べで確認できたのは上記4メーカーでした。例えばパソコン工房のLINE相談をしてみましたが、

BTOパソコン 購入相談チャット

予算と用途を伝えて何回かやりとりの後、最終的に数モデルを提案してくれるという感じです。レスポンスがとても早くシンプルな回答なので初心者にはありがたいと思います。

ただし、上記の表にないメーカーが初心者に親切じゃないのか?と言うとそうではなく、上級者向けのメーカーであるほどこういった取っ付きやすい窓口はないものの、実際に電話で問い合わせると商品知識が豊富で親切なスタッフが対応してくれる傾向があります。

ですから漠然とパソコンが欲しいというような方は初心者向けメーカーを、しっかりと目的用途が決まっている方は上級者向けメーカーを選ぶと良いでしょう。

納期は事前にチェックしておこう

実は、パソコンを注文してから届くまでの期間(納期)ですが、これはBTOメーカーによって結構バラつきがあります。

また、同じメーカーでも通常のデスクトップパソコン、ゲーミングPCなど種類によって納期は若干バラつきはあります。

ただし、納期の早いメーカー、遅めのメーカーという大まかな分類はできるので以下にまとめてみました。

各BTOメーカーの最短納期の比較

早い
(即日~翌日)
普通
(3日程度)
遅い
(1週間程度)
ドスパラ
パソコン工房
TSUKUMO
DELL
マウスコンピューター
フロンティア
ストーム
サイコム
VSPEC
PCワンズ

なるべく早くパソコンが欲しい場合は

どのBTOメーカーでも、基本的に最短納期が適用されるのは、カスタマイズ無しで注文したパソコンになります。

BTOパソコンと謳ってはいるものの、メーカー側としてはカスタマイズ無しのモデル…簡単言えば ”出来合い” のモデルについては生産ラインが出来上がっているので出荷までが早いのです。

カスタマイズすると、パーツによっては生産ライン上での工程が増えたり、その時点で在庫が無ければパーツの取り寄せなどをする必要が出てくるので、その分遅くなります。

もし、1日でも早くパソコンが欲しい場合は上の表の「早い」に該当するメーカーで、なおかつ「カスタマイズなし」モデルから選ぶ事をおすすめします。

BTOパソコンの口コミ・評判ランキング一覧

本ランキングの順位だけでなく、みん評の1番のウリである口コミをしっかり読んで、後悔のない商品・サービス利用にお役立てください。

サポートよかったです

  • 5.00by 鼻の穴さん

DELLのライバル外資系メーカーのサポートが酷かったため、DELLに乗り換えました。正直、同じ外資系だから期待はしていませんでしたが、サポートが良いため買い替えてよかったです。外資系は対応が悪いや、パソコン業界は対応が悪いと聞きますが、今回のことで、ひとくくりに見てはいけないと分かりました。低価格、外資系メーカー、スペックよし。この条件なら、一番はDELLだと思います。

いつ届く?

  • 1.00by これがDellさん

Dell日本の直販サイトでノートパソコンを購入。出荷案内から照会できるオーダーステータスで『既に地域の配送業者に届いている、間もなく到着』との案内あり、外出予定を先送りして一日中待機するも届かず。問い合わせすると、初めて配送業者名と伝票番号が知らされ、配送業者のサイトから追跡が出来たのは翌朝で漸く配達された。この案内システムの不備を指摘しても何の問題も無しと顧客に容認を強いる回答が繰り返され業務フローの見直しすらもしない。この会社のカスタマーセンターは、こんなところです。

I7 8565?

  • 5.00by keisukuさん

YouTubeでCMやってたんでどうなの?かなとと適当に買いました
7必須だしCDドライブとか要らないし~サクサク」動けばいいやで
二個前はセレロンでI5ならどうかな?と東芝製買いましたが
何か遅いので女の子がチャラいPC買いました
SSD?でサクサク動くからいいです
Wi-Fi6?対応してなくて5通信してるけど問題なし
キーボードは変色可能 いわゆるGチューンでは無いミドルレンジノート
1年使って問題ないのでまーいいかな
サポートとか言ってる人はハズレ引いただけなので気にしないで・・
ネットはWi-Fi5で(猛牛は6対応)尼で買ったんで
150kも出したんでサクサク動きます~
CDドライブとかワンセグとか要らない人お勧め====

もう買わない

  • 1.00by とくめいさん

時々突然固まる… 今まで使った他のメーカーではそんなこと1度も無かったので、PCが固まるって??20年以上のPCじゃあるまいし。
良さが分からない。もう買わない。

スポンサーリンク

BTOパソコン(総合)4位~

ゲームングPC購入、電源入らず起動せず

  • 1.00by とくめいさん

前回ノートPC購入し、今回カスタムゲーミングPCを購入。
出張から帰って繋いでみると電源入らず、ファンも起動せず。
別の方がおっしゃっているようにカスタマーセンターの担当者は不誠実に感じる対応多く、最悪でした。
修理にだす費用も送料こちら持ち10~20日かかるといわれました。
修理センターからも特に、「届いた」「返送しました」と連絡もなく
ただただPC送り変えず塩対応。
結局マザーボードの不具合で取り換えたと修理報告書に書かれてました。
今回の一件で、PCを組んだ後本当に起動テストしているのか疑問に思いました。
次回からはこちらで購入することはないです。

スポンサーリンク

  • LINEで送る

ページトップへ