みん評

件の口コミ

【目的別】自分に合ったスポーツクラブ・フィットネスジムの選び方

【目的別】自分に合ったスポーツクラブ・フィットネスジムの選び方

ダイエットや筋トレのために、気軽に運動やトレーニングができるスポーツクラブやフィットネスジムはありがたい存在です。特に最近は短期間での劇的なダイエットの成功を謳うパーソナルジムが注目されており、気になっている人も多いのではないでしょうか。ただ、パーソナルジムはマンツーマンで良質な指導が受けられる半面、料金は高額です。一方、非常に安価で時間を問わずいつでも使えるという24時間ジムもあらわれてきています。

スポーツクラブやフィットネスジムの形態・サービスが多様化する中、カギとなるのは、自分の目的をはっきりさせ、適した施設・サービスをセレクトすることにあります。そこでジム選びの基本的な考え方について、整理しました。

スポーツクラブ・フィットネスジムの3つのタイプをチェック!

みん評では、現在、スポーツクラブの類は、大きく3つに分類できると考えます。

1.パーソナルジム

マンツーマンで目標達成をサポートしてくれる

一般的にスポーツクラブと言えば、利用料金を支払って設備を自由に使うというものですが、パーソナルジムはトレーナーによるマンツーマンの指導を受ける形で利用するジムです。自分の目標をもとにメニューが組まれ、ジムの利用日時もあらかじめ予約されます。食事指導など、ジム来店時以外のサポートがある場合も。料金はプランによって異なり、個人ごとに見積もりをしてくれるところもあります。専任のトレーナーがいて、利用日時は予約が基本であるため継続しやすく、目標を達成させることに重きを置いたサービスと言えます。

メリット
  • 必ずトレーナーがつくので初心者でも始めやすい
  • 専任のトレーナーがいることで目標達成しやすい
  • 予約制で続けられるので、コース終了後も運動の習慣がつく
デメリット
  • マンツーマン制で高コストなため、料金が高い
  • トレーナーや指導スタイルとの相性が合わないと つらい
  • 漠然とした目的では利用しにくい

このタイプの代表的なジム

2.24時間ジム

いつでも気軽に、自分のペースで利用可能

最近、増えてきた形式のジムで、24時間営業しており、会員はデジタルキーなどを用いていつでも利用可能です。時間帯などによりスタッフが常駐していないこともあるため、設備は、ジムマシンやフリーウェイト、ランニングマシンなどに限られます。プールやスタジオプログラムなどはなく、トレーナーによる指導もオプションです。できることは制限されますが、そのぶん安価で、何よりいつでも利用できるのが強み。自分のライフスタイルに合わせて利用可能なので、今の生活に運動する時間をムリなく取り入れることができます。利用料金は定額の月額制で一律なのが基本です。

メリット
  • 低コストな運営により料金が安い
  • 曜日や時間を気にせずいつでも利用できる
デメリット
  • マシンの使い方もわからないほど初心者だと始めにくい
  • 自己流のやり方になってしまいがちで、効果が出にくいことも
  • 続けられるかどうは自分次第

このタイプの代表的なジム

3.総合スポーツクラブ

充実の設備と、多彩なサービスメニューが強み

従来からある総合施設としてのスポーツクラブです。ジムマシンをはじめとする各種運動器具・設備のほか、施設によりますがプールや大浴場・サウナ、エクササイズなどができるスタジオ、球技場などが併設されていることも。有料・無料のさまざまなオプションが用意されており、トレーニングの指導、エクササイズプログラム、スポーツ大会やサークル活動なども。利用料金は月額制ですが、ジムを利用する時間帯(平日のみ、午前中のみ、など)や利用できる範囲(特定店舗のみ、近隣エリアのすべての店舗、など)によって料金が異なります。

メリット
  • 設備やサービスが充実しており、楽しい
  • 友人ができ、交流が広がることもある
デメリット
  • 設備投資が高コストなため、料金が高い
  • 続けられるかどうは自分次第

このタイプの代表的なジム

スポーツクラブ・フィットネスジムはこう選ぼう!

自分に合ったスポーツクラブを選ぶには、まず、自分の目的をはっきりさせることが大切です。

STEP1. 自分の目的をはっきりさせる

それでは、自分に合ったスポーツクラブの選び方を考えていきましょう。スポーツクラブに関心を持った理由はひとによってさまざま。ですが、まずはそこをはっきりさせることが、適したジムを選ぶ第一歩になります。あなたはどうしてスポーツクラブに行きたいと思いましたか? 以下に挙げるのが、代表的な目的かと思います。これを見定めることから始めましょう。

  • ダイエット・シェイプアップしたい!
  • 筋トレしたい!マッチョを目指したい!
  • 健康のために運動不足を解消したい!
  • 楽しく体を動かしてストレス解消したい!
  • 一緒に運動する友達をつくりたい!

STEP2. 目的に適したスポーツクラブのタイプを考える

自分の目的をはっきりさせたら、その目的に一番合っているのは、どういうタイプのスポーツクラブなのかを考えてみましょう。すでに述べた各タイプのスポーツクラブの特徴を踏まえると、どのタイプが適しているのか見えてきます。

  パーソナルジム 24時間ジム 総合スポーツクラブ
ダイエット・シェイプアップ
筋トレ
運動不足解消
ストレス解消
友達づくり

まず、「○kg、やせたい」「二の腕を引き締めたい」「胸に筋肉をつけたい」など、具体的な目標がある場合はパーソナルジムが最適です。料金的に問題がなければ、パーソナルジムを利用しましょう。もっと安価にしたい、という場合は、目標達成のためのトレーニング方法などをしっかり学んだうえで、24時間ジムを利用するのがいいでしょう。最初だけ、オプションでトレーナーについてもらうのもいいと思います。

少し走ったり、軽い筋トレをしたりして運動不足をなんとかしたい、程度であれば、やはり24時間ジムが気軽です。始めるともっといろいろやりたいという気持ちが出てくるかもしれませんので、総合スポーツクラブと比較検討するのもいいでしょう。筋トレだけでなく水泳やエクササイズもやりたいのであれば総合スポーツクラブを選ぶことになります。楽しく運動したい、というときも、このタイプが向いています。

STEP3. 適したタイプのスポーツクラブの中から気になるジムを選ぶ

行くべきジムのタイプがわかったら、そのタイプに属するスポーツクラブから気になるところを選び、見学や体験へ出かけてみましょう。このとき、実際に利用した人の口コミは大いに参考になります。みん評のランキングもチェックしてみてください。

タイプ別スポーツクラブランキング&選び方

パーソナルジム ランキング

\このタイプのジムの選び方/料金のほか指導方法などを事前の見学でしっかりチェック

パーソナルジムは料金が高めですし、使い勝手や指導方法が自分に合っているかなど、事前にチェックしておきたい点が多々あります。見学や無料体験ができると思いますので、まずはそういったものに申し込んでみましょう。比較検討できるように、複数のジムを体験してみることをおすすめします。それなりの料金を支払って通うのですから、心から信頼できるジムを選びたいものです。

24/7ワークアウト

24/7ワークアウトは、全国主要都市で展開している、完全マンツーマン指導のダイエットジムです。どの店舗も最寄りの駅から近く、また深夜24時頃まで営業しています。日頃仕事が忙しい方でも余裕を持って通う事が出来ます。

エススリー

エススリーは、2ヶ月間で希望の体重に落とせるように徹底したプログラムを用意しています。専属トレーナーが運動・食事傾向を聴き取り、改善方法を指導してくれます。

ライザップ

ライザップは、完全個室・専属トレーナー制をうたう、独特の店舗・トレーニング方式を採用していることが特徴のスポーツクラブです。
ほかの、一般的なフィットネスクラブとそのプラン・コース体系は大きく異なっていて、コースはボディメイク、ペアセッション、プレミアムの各コースの三種類のみ。

4位以下のパーソナルジムをチェックする

24時間ジム ランキング

\このタイプのジムの選び方/重要なのは立地。設備・サービスの内容もよく確認を

24時間ジムは気軽に利用しやすいところが利点。そのため、自分の行動範囲の中で、行きやすい立地のジムを選ぶことがポイントになってきます。コストを抑えて低価格を実現しているジムだけに、一般的なスポーツクラブにあっても24時間ジムにはない設備やサービスがあります。「こんなはずではなかった」とならないよう、事前に、何があってどこまで利用できるのかの確認をしましょう。

エニタイムフィットネス

世界22ヵ国3,000以上の店舗がある、24時間年中無休のスポーツジムです。日本でも首都圏を中心に急速な店舗展開をしています。アクセス便利な駅近にあり、ジム内は基本的に土足可能なので荷物も少なく気軽に通えます。入会して31日後どこの店舗(海外含む)でも利用できる点が魅力です。

ジョイフィット24

ジョイフィット24は、北海道、関東、近畿、九州で展開しているスポーツクラブです。いずれの店舗も24時間営業しているのにも関わらず、とても良心的な価格であることが人気の1つです。

東急スポーツオアシス24plus

東急スポーツオアシス24plusは、東京、大阪、神奈川、埼玉で展開しているスポーツクラブです。独自のアプリ「OASIS ?LINK」を使って、「トレーニング内容」や「消費カロリー」、「来場回数」を記録して、目標の体重などにはどれくらい頑張れば良いかなどの進歩状況を確認することが出来ます。

4位以下の24時間ジムをチェックする

総合スポーツクラブ ランキング

\このタイプのジムの選び方/料金体系を確認しつつ、自分が楽しく利用できそうなところを

総合スポーツクラブは利用する時間帯によって料金が変わることが多いため、自分の利用スタイルではどこがいちばん安いのかを調べてみましょう。設備やプログラムの充実が強みとはいえ、まったく利用しない設備ばかりがあるところを選んでもオーバースペックとなりもったいないです。自分が楽しく利用する様子がイメージできるジムを選んでください。

ホリデイスポーツクラブ

ホリデイスポーツクラブは、愛知県発信のフィットネスクラブ。中京圏を中心としながら、全国に店舗を広げています。
メインターゲットを、あまりスポーツ施設の利用経験のない初心者層としていて、その点については公式webサイト上でも強くアピールされています。

コナミスポーツクラブ

コナミスポーツクラブは、ゲームソフト会社のコナミ傘下企業であるコナミスポーツ&ライフによって展開されているスポーツ・クラブチェーン。オリンピックのメダリストの所属先となったり、ホノルルマラソンのオフィシャルスポンサーを務めるなど、スポーツの振興に積極的です。

ゴールドジム

ゴールドジムは、アメリカ発のフィットネスジム。世界中に展開を広げていて、全世界で300万人以上が利用しているんだとか。アーノルド・シュワルツェネッガーの映画『鋼鉄の男』に登場したことで、その名前と評判が広がっていきました。

4位以下の総合スポーツクラブをチェックする

みん評スタッフの総評

パーソナルジムと24時間ジムに人気が2極化。自分のやりたいことに応じたジムを選ぶのが重要
フィットネスの分野は、ライザップの登場以降、パーソナルジムがもてはやされていますが、最近は他にもパーソナルジムも増えてきており、このタイプの中でも幅が広がっています。24/7ワークアウトなどが代表的ですが、それぞれ特色があるので、まずは見学・体験をしてみるのがよいでしょう。
高価なパーソナルジムの隆盛への反動か、リーズナブルな24時間ジムも人気です。エニタイムフィットネスが海外で成功した後、日本上陸を果たし、最近はこのタイプのジムが次々にオープンしている現状があります。ある程度フィットネスに慣れている人や、簡単に運動したいという人は、このタイプから探してください。
両者に押されて旧来の総合スポーツクラブは存在感が薄くなってきています。しかし、充実した設備やプログラムによる他にはないサービスの魅力は失われていません。ティップネスやコナミスポーツクラブなどの大手クラブは実績もあり間違いのないサービスを展開していますので、楽しく運動したいという人は検討の価値は大いにあります。

  • LINEで送る

スポンサーリンク

ページトップへ