132,883件の口コミ

  • 個人・同人誌印刷所の口コミ・評判ランキング

個人・同人誌印刷所の口コミ・評判ランキング

このコーナーでは個人・同人誌印刷所について、各社の評判を集めて、ランキングしてみました。

最近では、個人でもお手頃価格で本の印刷・グッズの作成などができるようになったことで利用者が増えています。それに伴い個人向けの印刷所も日本各地に多数あります。

個人向け・同人誌印刷といっても、RGBモードのカラーをそのまま再現できるなど、技術面も日々向上しています。オフセット・オンデマンドの印刷のクオリティから、ネット注文の利用のしやすさ、スタッフの対応など様々な口コミが集まっています。

印刷所選びの参考にしてみてください。

個人・同人誌印刷所の口コミ・評判ランキング一覧

順位 商品・サービス 満足度 口コミ数
1位 日本橋おたクラブ 3.38 81
2位 栄光 3.14 25
3位 ポプルス 3.04 18
4位 大陽出版 3.03 19
5位 丸正インキ 3.02 18
6位 あかつき印刷 3.01 15
7位 プリントオン 3.00 17
8位 金沢印刷 2.98 14
9位 日光企画 2.94 12
10位 ホープツーワン 2.91 11

11位以下を見る


酔いどれさん

  • 1.00
  • 安わるの手本みたいなのが来ました。

品質が微妙。
なぜTwitterではここが持て囃されるのか不明。
恐らく以後自分は使わない。

もっと口コミを見る


sioさん

  • 5.00
  • PDF表紙でもどうにかしてくれる

Psdを使いこなせず、表紙も口絵もWordですべて作るのですが、それで受け付けてくれるのでありがたいです。表紙1、4を別々にしてても作ってくださるし、ここ以外使えません

もっと口コミを見る

スポンサーリンク

大陽出版


みゅーとさん

  • 4.00
  • 安いがたまにミスする

大型イベントだと40%割などかなり安くなる。印刷も綺麗。ただしたまにちょこちょこミスをすることがある(表紙のインクを変えるように頼んだのに墨一色できたりする)おいおーいと思うけれど、まぁまぁ安いので「ま、いいか」となれれば使用感的にはかなりいい。対応が常にと塩で切なくなることがある。特殊装丁とか相談が必要そうなものは他の印刷所にしようと思う。

プリントオン


とらさん

  • 5.00
  • 早割のお得感と誠実な対応

基本的にプリントオンしか使っていません。
できることのカバー率が高く、信用できる印刷会社だと思います。
ほかに使用したことがあるのは大陽出版、おたクラブ、キンコーズです。参考までに。

☆メリット
・穴開け加工、レース加工、香り付き遊び紙、袋綴じなど、特殊な装丁を10部から(キャンペーン中は1部から)できる。

・グッズによっては1個単位で絵柄を指定できる。

・箔押しの種類がとても多く、独自の柄もある。

・季節のフェア・早割やポイントで値引きすれば、他の印刷所で同じ仕様の本を出すよりもかなり安く作れる。

・問い合わせや注文時のメール、サイトやTwitter対応が誠実で信頼できる。
他社と比較してもミスの話を聞く機会はかなり少ない。


★デメリット
・基本の値段が高めなので、装丁にこだわりがないサークルや売り上げを黒字にしたいサークル向けではない。

・画面の色合いをそのまま紙で再現する技術(RGB「再現」)にはそこまで注力していない。
蛍光ピンクや6色印刷のプランもあるが、使用できる場合が限られている。

・メールやお知らせに業務と関係無いことは一切書かないタイプなので、
社内旅行の話だとか本の感想サービスだとかそういう遊び心が欲しい人には冷たく感じるかもしれない。

・特に初心者大歓迎の印刷屋というわけではないため、ある程度自分で勉強したり問い合わせる意識は必要。サイトに原稿の作り方やRGBとCMYKの違いなど用語説明はある。


*その他
・アクシス出版はプリントオンのオフセット印刷版で、大部数、類似のセットや同じ遊び紙が使える
※会員登録や発注のシステムが違うため注意

ホープツーワン


ユタさん

  • 2.00
  • 凝った表紙を安価で作るには良いが……

ATOM+セットに無料オプションをたくさんのせました。
無料オプションは乗せれば乗せるほど納期が長くなるので、注意が必要。
イベントが無い今だからこそ締め切りを気にせず乗せられるかな?
凝った表紙を安く作るには良い印刷所かもしれません。
が本文に関しては、機械が古いのかな?
原稿白黒2階調で出力、
グレースケールやトーン重ねなどしていないにも関わらず65L/50%~モアレ、トーン潰れ発生。
70L20%以下のトーンはカスレやページによっては出ていない箇所有り。
主線も線が細くなっていました。

線が太い方やトーンを多用しない方は気にならない程度なのですが繊細な絵柄な方は注意が必要です。

  • LINEで送る

ページトップへ